レッスン 51 : macOS のリモートコマンド

目的

コンピュータおよびコンピュータグループへリモートコマンドを展開してください。

動画

キーポイント

  • リモートコマンドは Jamf Pro 経由で展開され、Apple Push Notification service (APNs) を利用します。

  • コンピュータ向けのリモートコマンドは、macOS バージョンおよび PreStage enrollment によって異なります。

  • リモートコマンドは、単一のコンピュータへ送信する、または複数のコンピュータへ同時送信できます。

  • 一般的に使用されるリモートコマンド:

    • コンピュータをロック: コンピュータからユーザをログアウトして強制的に再起動し、管理者の入力情報を基に Extensible Firmware Interface (EFI) パスコードを発行 (1回限り) します。

    • コンピュータをワイプ: コンピュータからユーザをログアウトして強制的に再起動した後、管理者の Jamf Pro 入力情報を基に Extensible Firmware Interface (EFI) パスコードを発行 (1回限り) し、Macintosh HD のすべてのデータを削除します。

    • OS バージョンと内蔵 app のアップデート: macOS バージョンとあらゆる内蔵 app をアップデートします。

Jamf Pro ナビゲーションエイド

[コンピュータ]>[インベントリ検索]>[コンピュータ名]>[管理]> [管理コマンド]
[コンピュータ]>[インベントリ検索]>[検索]>[アクション]>[リモートコマンドを送信]

確認

  1. リモートコマンドの発行には、Jamf Pro のほかにどのサービスが必要ですか?

  2. 「コンピュータをロック」というコマンドの発行によって、何が起きますか?

  3. macOS アップデートのために発行されるリモートコマンドは何ですか?

演習

  1. Testing グループに属すコンピュータのオペレーティングシステムをアップデートしてください。

    1. Static Computer Group 「Testing」の「OS バージョンと内蔵 app のアップデート」を選択してください。

    2. 「アップデートのダウンロードおよびインストール」を選択し、インストール後にコンピュータを再起動してください。

学習資料

Jamf Pro 管理者ガイド - コンピュータのリモートコマンド
Jamf Pro 管理者ガイド - コンピュータでの Mass Action の実行

Copyright     個人情報保護方針     使用条件     セキュリティ
© copyright 2002-2018 Jamf. All rights reserved.