レッスン32: macOS ファイルと格納構造

目的

macOS デバイスのファイルとストレージ構造について理解しましょう。

動画

キーポイント

  • データのディスク保存には、ディスクをパーティションマップでフォーマットする必要があります。

    • macOS は、パーティションマップによってパーティション別に情報を管理します。

  • パーティションマップの作成後、ディスク容量を分割するためにパーティションを追加します。分割された容量ごとにファイルシステムがあります。

    • Apple File System (APFS) は、Mac のデフォルトファイルシステムであり、macOS 10.13 High Sierra 以降の SSD (ソリッドステートドライブ) を搭載しています。

    • 10.12 以前の Mac のデフォルトファイルシステムは、Mac OS Extended (Journaled) です。

  • すべての Mac に macOS がプリインストールされています。

  • APFS コンテナの 4 つのデフォルトボリューム:

    • Macintosh HD: macOS とユーザに関するデータが保存されているシステムブートボリュームです。

    • Preboot: 各システムボリュームを起動するために必要なデータを含む非表示のボリュームです。

    • リカバリ: トラブルシュートや macOS インストールのユーティリティを含む非表示のボリュームです。

    • VM: バーチャルメモリボリューム。macOS High Sierra 以降の起動時に作成されます。

  • ディスクユーティリティは、接続されたハードドライブのパーティションとボリュームを表示、変更するアプリケーションです。

    • ディスクユーティリティは、/Applications/Utilities にあります 。

    • ディスクユーティリティは、ディスクまたはコンテナから、パーティションの作成/削除ができます。

    • また、既存のデータに影響を与えず、パーティションのサイズを変更できます。

    • macOS High Sierra 以降のデフォルト設定では、ボリュームのみが表示されます。すべてのデバイスを表示するには、「表示」をクリックし、「すべてのデバイスを表示」を選択します。

  • macOS には視認可能な4つのルートディレクトリとフォルダがあります。

    • アプリケーション: ネイティブ app とほとんどの第三者機関 の app がこの場所にインストールされています。

    • ライブラリ: ネイティブ macOS と第三者機関 の app の環境設定、app サポートファイル、ユーティリティは、この場所にあります。

    • システム: macOS のコアリソースと基本的なサービスは、この場所に保存されています。

    • ユーザ: 通常、ローカルユーザのホームフォルダは、この場所に保存されています。

      • 但し、ルートユーザ、システムユーザ、管理用アカウント、意図的に隠されたユーザは、例外です。

確認

  1. macOS リカバリの役割を説明し、その中にあるユーティリティを挙げてください。

  2. ディスクに追加のパーティションを作成する理由を説明してください。そのためにどのアプリケーションを使用しますか。

  3. macOS のシステムリソースを含むディレクトリはどれですか。

演習

  1. macOS 10.13 High Sierra 以降を実行中の Mac について、macOS ストレージ構造を調べます。

    1. ディスクユーティリティ app を開いてください。

    2. 左上角の「表示」アイコンをクリックし、次に「すべてのデバイスを表示」をクリックします。

    3. コンテナ disk1 をクリックし、ボリューム数、容量、使用容量を記録します。

    4. コンテナ disk1 の下の Macintosh HD ボリュームをクリックします。

    5. Macintosh HD の容量と使用容量を確認してください。

  2. Mac へパーティションを追加する方法を確認してください。

    1. ディスクユーティリティ app を開いてください。

    2. Macintosh HD を含むルートディスクをクリックしてください。

    3. 画面の最上部にあるパーティションボタンをクリックしてください。

    4. パーティションマップの下の追加ボタンをクリックし、パーティションを追加します。

    5. パーティションの名称、フォーマット、サイズを設定します。

    6. キャンセルボタンをクリックしてください。

  3. macOS のデフォルトディレクトリを見つけてください。

    1. アプリケーションフォルダを検索し、そのコンテンツを詳しく見てみましょう。

    2. ライブラリフォルダを検索し、そのコンテンツを詳しく見てみましょう。

    3. システムフォルダを検索し、そのコンテンツを詳しく見てみましょう。

    4. ユーザフォルダを検索し、そのコンテンツを詳しく見てみましょう。

    5. Localadmin ホームフォルダを検索し、そのコンテンツを詳しく見てみましょう。

  4. ローカルユーザアカウント「will」のデスクトップにアイテムを追加してみましょう。

    1. ユーザフォルダを開いてください。

    2. 「will」フォルダを開いてください。

    3. その中にある一連のフォルダを詳しく見てみましょう。

    4. ローカルユーザアカウント「will」のデスクトップに何かを追加してみましょう。どのような状態になりましたか。また、その理由を説明してください。

Copyright     個人情報保護方針     使用条件     セキュリティ
© copyright 2002-2018 Jamf. All rights reserved.