Tomcat の開始および停止

本資料では、次のいずれかの方法を使用して、Jamf Pro ホストサーバで Tomcat を開始/停止する方法を説明します:

  • Jamf Pro サーバツール GUI

  • Jamf Pro サーバツール コマンドラインインターフェース (CLI)

  • システムサービスコマンドライン

一般的な要件

  • Jamf Pro データベースをホストするサーバへのローカルまたはリモートアクセス

  • ローカル管理者認証情報

Jamf Pro サーバツール GUI を使用した Tomcat の再起動

要件

Tomcat の設定を変更するには、Jamf Pro サーバツール GUI を管理者として実行する必要があります。

  1. 次の手順を実行して、Jamf Pro サーバツール GUI を開きます。
    1. コマンド Terminal を開き、次のように入力します。
      java -jar
    2. Jamf Pro サーバツールの .jar ファイルをウィンドウにドラッグして、.jar ファイルへのパスを java -jar コマンドに追加します。
    3. Enter キーを押します。
  2. Tomcat Settings (Tomcat 設定) をクリックします。
  3. Start Tomcat (Tomcat を開始) もしくは Stop Tomcat (Tomcat を停止) をクリックします。

Jamf Pro サーバツール CLI を使用した Tomcat の再起動

ターミナルの以下のコマンドを実行して、Jamf Pro の Tomcat サーバを起動、停止、再起動できます:
jamf-pro server start
jamf-pro server stop
jamf-pro server restart

システムサービス・コマンドライン使用した Tomcat の再起動

ホストサーバで実行するバージョンに一致するよう、Tomcat を指示されたバージョンに変更します。

Linux での Tomcat 再起動

Jamf Pro 10.13.0 以降

インストーラを使用して Jamf Pro をインストールした場合、以下のコマンドを実行します:
sudo service jamf.tomcat8 restart

Linux での Jamf Pro の手動インストール

Jamf Pro を手動でインストールすると、Tomcat サービス名 (「tomcat8」など) が作成方法により異なることがあります。ご利用の環境に対して適切なサービス名を使用して、コマンドを実行する必要があります。例:
sudo /etc/init.d/tomcat8 restart
または
sudo service tomcat8 restart

Windows での Tomcat 再起動

コマンドプロンプトを開いて、以下のコマンドを実行します:
Net stop Tomcat8
Net start Tomcat8 

Mac での Tomcat 再起動

  1. Jamf Pro ホストサーバで Terminal を開きます。

  2. Tomcat Web アプリケーションプロセスのアンロード:
    sudo launchctl unload /Library/LaunchDaemons/com.jamfsoftware.tomcat.plist
  3. Tomcat Web アプリケーションプロセスのリロード:
    sudo launchctl load /Library/LaunchDaemons/com.jamfsoftware.tomcat.plist