macOS で透明性と同意に関するフレームワークのプロンプトをリセットする

macOS 10.14 以降で、保護されたファイルや App データにアクセスしようとする Apps があると、ユーザ権限のデータ入力を求める画面がユーザに表示されることがあります。これらのプロンプトは Apple の拡張セキュリティフレームワークである透明性と同意に関するフレームワーク (Transparency Consent and Control: TCC) により管理されます。

以下は Composer の使用中に発生する TCC プロンプトの例です。

Composer プロンプト

ユーザが保護されているファイルかデータにアクセスすることを許可するか、拒否すると、ユーザにデータ入力を求める画面は再度表示されなく、TCC 権限も変更できません。これにより App が誤作動を起こすことがあります。

データ入力を求める画面を再度表示し、TCC 権限を変更するには、ユーザは App のすべての TCC 設定をリセットする必要があります。

  1. Terminal を開きます。
  2. アプリのバンドル ID を確認します。
    • Jamf Pro Apps 用:
      Appバンドル ID

      Composer

      com.jamfsoftware.Composer

      Jamf Admin

      com.jamfsoftware.JamfAdmin

      Jamf Remote

      com.jamfsoftware.JamfRemote

      Jamf Imaging

      com.jamfsoftware.JamfImaging

      Jamf Recon

      com.jamfsoftware.Recon

    • このコマンドを実行することによっても、App のバンドル ID を取得できます。
      app の osascript -e’id 「Name of App (App の名前)」'
  3. App の bundle ID を使用して次のコマンドを実行します。
    sudo tccutil reset すべて[[app.bundle.id]
    注:

    Jamf Admin をリセットする場合は、このコマンドを実行する前に App が開いていないことを確認します。

  4. App を再起動すると、App の TCC の権限によりデータ入力を求める画面が再度表示されるはずです。