Jamf プッシュプロキシ

Jamf プッシュプロキシが、Jamf Pro サーバと Jamf Self Service がインストールされているデバイス間の通信を可能にします。これにより、Self Service がインストールされているコンピュータおよびモバイルデバイスへ、通知センターからの通知が送信されます。

注:

 Jamf Pro は、ポート 443 を使用して Jamf プッシュプロキシと通信します。

詳しくは、Jamf Pro 管理者ガイドの「Jamf プッシュプロキシ」セクションを参照してください。

関連情報は、資料「Jamf Pro に使用されるネットワークポート」を参照してください。