多要素認証またはシングルサインオン認証

Jamf Pro 9.93 以降、SAML 2.0 を使用したシングルサインオン認証がサポートされています。シングルサインオン (SSO) 機能により、サードパーティのアイデンティティプロバイダ (IdP) と統合して、Jamf Pro サーバ用 SSO、User-Initiated Enrollment (macOS および iOS)、および macOS 用 Self Service を実装できます。

Jamf Pro のテスト済みアイデンティティプロバイダは以下の通りです。

  • Okta

  • Active Directory フェデレーションサービス

  • Shibboleth

  • OneLogin

  • Ping Identity

  • Google

  • Centrify

  • Azure

  • Entrust

関連情報は、Jamf Pro 管理者ガイドの「シングルサインオン」セクションを参照してください。