コンテンツ配布

配布ポイントとは、コンピュータやモバイルデバイスへ配布するファイルのホストサーバです。Jamf Pro は 2 種類の配布ポイントに対応します。

  • ファイル共有配布ポイント

  • 以下のコンテンツデリバリネットワーク (CDN) を利用してファイルをホストするクラウド配布ポイント:
    • Rackspace Cloud のファイル

    • Amazon S3 または Amazon CloudFront

    • Akamai NetStorage

    • Jamf Cloud 配布サービス (JCDS) ご使用の環境で JCDS の使用がサポートされている場合、Jamf Cloud をクラウド配布ポイントとして使用できます。

詳しくは、Jamf Pro 管理者ガイドの「配布ポイントについて」セクションを参照してください。

Jamf Cloud 配布サービス

Jamf Pro では、Jamf Cloud 配布サービス (JCDS) をクラウド配布ポイントとして使用してコンテンツを配布できます。JCDS は、パッケージ、In-house app、In-house book をホストするために使用します。ファイルは HTTPS を使用して配布され、Amazon S3 を使用して Jamf オンラインサービスによって保存されます。データは、制御されたアクセスで論理的に分離されます。JCDS へのパッケージのアップロード時に Checksum が計算されます。Checksum により、パッケージのダウンロード時の整合性が確保されます。クライアントは、安全なコンテンツ配信のために署名付き URL を使用して JCDS からコンテンツをダウンロードします。JCDS は、ダウンタイムのない高可用性を実現するように設計されています。 

注:

 Jamf Pro サーバは、ポート 443 を使用して JCDS と通信します。

JCDS は、Jamf Pro が Jamf Cloud でホストされており、定期購読ベースオプションがある場合にのみ、クラウド配布ポイントとして利用できます。

Jamf Pro でクラウド配布ポイントを設定する方法については、Jamf Pro 管理者ガイドの「クラウド配布ポイント」セクションを参照してください。

JCDS の関連情報については、以下の資料を参照してください: