Jamf School Student の Jamf School との統合

この記事では、Jamf School Student App で利用可能な機能の概要とその使用方法を説明します。Jamf School Student は、生徒が自分に割り当てられた App、プロファイル、およびドキュメントにアクセスするために使用できる無料の App です。Jamf Teacher と組み合わせて使用して、教師がクラスを管理できるようにします。Jamf School での Jamf School Student 管理機能は、Organization (オーガニゼーション) > Settings (設定) > Jamf School Student に移動することで構成されます。

Jamf School Student には以下のような特徴があります。

  • ライブラリ生徒は Jamf School Student サイドバーで Library (ライブラリ) (マイリソース) をタップすることで、自分に割り当てられている App、ブック、ドキュメント、プロファイルを見つけることができます。
    注:

    App、ブック、ドキュメント、およびプロファイルを生徒に配布する場合、ダッシュボードに表示されるようにオンデマンドでインストールするように構成する必要があります。詳しくは、コンテンツの配布方法 および デバイスのプロファイル を参照してください。

  • メッセージメッセージを使用すると、生徒は教師からのメッセージを受信できます。生徒はサイドバーで Messages (メッセージ) (メッセージ) アイコンをタップすることで、Jamf School Student でメッセージを表示できます。教師が Jamf School Student App でSettings (設定) > Enable Replies (返信を有効にする) をタップまたはクリックすることにより、この機能を有効にしている場合、生徒は Jamf Teacher 5.0 以降を搭載したデバイスで、教師にメッセージを送信することができます。
  • 手を挙げる

    有効にすると、Raise Hand (手を挙げる) は生徒が教師にサポートを要求できるようになる機能です。生徒はサイドバーで Raise Hand (手を挙げる) (手を挙げる) をタップすると、ヘルプリクエストの送信先の教師を選択できます。生徒がヘルプを要求すると、教師に通知が送られ、メッセージまたはメールで生徒に連絡できます。

  • 生徒管理機能
    これらの機能により、教師は Jamf Teacher を使用して生徒のデバイスを管理できます。
    • 注意

      Jamf School Student で生徒のデバイスをロックし、教師からのメッセージを表示します。教師は、生徒がデバイスの使用を再開する前にメッセージを消去する必要があります。

    • 制限モード生徒が教師によって制限されている機能を使用できないようにします。
    • WeblockWeb 生徒が教師によってセーフリストに登録されたウェブサイト以外のウェブサイトに移動できないようにします。教師は、生徒をSafari にロックすることもできます。
      注:

      設定 App は常に表示されます。

    • レッスン教師がレッスンで構成したウェブサイトにのみ生徒がアクセスでき、教師がレッスンで構成した App のみを生徒が使用できるようにします。
  • Settings (設定)

    生徒はサイドバーのプロファイルアイコンをタップして、デバイスで利用可能なオペレーティングシステムのアップデートの表示と実行、デバイスのアップデート、パスコードの消去、アクティベーションロックの解除やデバイスのワイプを行うことができます。使用可能なオプションは、Organization (オーガニゼーション) > Settings (設定) > Jamf School Student でどの機能が有効になっているかによって異なります。

Jamf School Student の設定を構成する

要件

Jamf School Student を構成するには、以下が必要です:

  1. Jamf School で、スライドバーの Organization (オーガニゼーション) > Settings (設定) へ移動します。
  2. Jamf School Student ペイロードをクリックして、機能セクションで管理設定を構成します。
  3. Save (保存) をクリックします。
  4. Jamf School Teacher ペイロードをクリックし、設定と管理機能を構成します。
  5. Save (保存) をクリックします。

Jamf School Student App を配布する

Jamf School Student を配布するには、App Store から Jamf School に App を追加するか、Apple School Manager の App とブックから App を購入します。詳しくは、大量購入した AppApp Store App 配布 を参照してください。

App がデバイスに配布された後、生徒がデバイスに割り当てられている場合、Jamf School Student に自動的にログインします。生徒がデバイスに割り当てられていない場合、ユーザアカウントの資格情報でログインする必要があります。

永久の所有者なしにデバイスで Jamf School Student を使用する場合は、Jamf SchoolJamf School Student 設定で Device Session (デバイスセッション) チェックボックスを選択できます。Jamf School Student を開くと、学生はゲストユーザとして自動的にログインされます。
注:

マネージド構成を使用してログインしている場合にのみ、この設定を使用できます。機能は、App、ドキュメント、プロファイルのインストールや削除、パスコードのクリア、ソフトウェアの更新、デバイスの消去などのデバイスアクションに限定されます。