デバイスグループ

デバイスグループを使用して、同様な属性を共有するデバイスを整理できます。これらのグループを使用して Jamf School で App、プロファイル、ドキュメントをインストールできます。デバイスグループは、管理タスクの Scope として使用できます。デバイスグループを構成するには、いくつかの方法があります。たとえば、1 つはすべての生徒から、1 つはすべての教師から、1 つはすべての管理者からそれぞれ構成される 3 つのデバイスグループを作成できます。また、クラス、学年、またはロケーションごとにデバイスグループを作成できます。プロファイル、App はデバイスによって異なるため、iOS、macOS、および tvOS デバイス用に個別のデバイスグループを作成してプロファイルと App を配布することをお勧めします。

デバイスグループには、スマートグループとスタティックグループの 2 タイプがあります。スマートグループはフィルタ処理された条件に基づいており、ダイナミックなメンバーシップで構成されます。スタティックユーザグループは、手動で割り当てた所定のメンバーシップで構成されます。グループメンバーシップは、グループの Scope によって定義されます。Scope は、リモート管理タスクを受け取るコンピュータとモバイルデバイスへのきめ細やかな制御を与える規則、フィルタ、およびグループのセットです。

Smart Device Group の作成

スマートグループを使用すると、デバイスのタイプ、モデル、オペレーティングシステムなどの 1 つ以上の属性に基づいてデバイスを整理できます。これらのグループには、デバイスが Jamf School でチェックインするたびに更新されるダイナミックなメンバーシップがあります。

  1. Jamf School で、Devices (デバイス) > Groups (グループ) へ移動します。
  2. + Add Group (+ グループを追加) をクリックします。
  3. デバイスグループアシスタントで Basics (基本) 設定を構成するには、次の手順を実行してください。
    1. Group Name (グループ名) フィールドにグループの名前を入力します。
    2. (オプション) Description (説明) フィールドにグループの説明を入力します。
      例:

      たとえば「Devices used as school kiosks (学校のキオスクとして使用されるデバイス)」や「Jamf AP Science Lab Devices (Jamf AP サイエンスラボデバイス)」などです。

    3. グループのタイプに Smart Group (スマートグループ) を選択します。
  4. Options (オプション) 設定を構成するには、次の手順を実行してください。
    1. (オプション) スマートグループに関連付けるテキストを入力します。このテキストは、説明列の Devices (デバイス)/Device Groups (デバイスグループ) に表示されます。
    2. Show in iOS app (iOS App で表示) からオプションを選択して、このデバイスグループに Scope 設定された App の Jamf Teacher または Jamf School Student App での表示方法を構成します。
  5. Next (次へ) をクリックします。
  6. 自動またはオンデマンドインストール用にスマートグループに追加するプロファイルを選択して Profile (プロファイル) 設定を構成し、Next (次へ) をクリックします。
  7. 自動またはオンデマンドでデバイスにインストールする App を選択して App の設定を構成し、Next (次へ) をクリックします。
  8. 自動またはオンデマンドインストールのリストからドキュメントを選択して Documents (ドキュメント) の設定を構成し、Next (次へ) をクリックします。
  9. Members (メンバー) 設定を構成するには、次の手順を実行してください。
    • 指定した基準でメンバーシップをフィルタリングするには、+ Add Filter (+ フィルタを追加) をクリックして、次のことを実行します:

      1. ポップアップメニューから規則を選択します。

      2. 必要に応じて、残りのポップアップメニューとフィールドを構成します。

      3. 必要に応じて、a から c の手順を繰り返してフィルタを追加します。

    • デバイスグループまたはユーザグループをスマートグループに追加するには、+ Add Group (+ グループを追加) をクリックして、次のことを実行します:

      1. ポップアップメニューから規則を選択します。

      2. 必要に応じて、残りのポップアップメニューとフィールドを構成します。

      3. 必要に応じ、a から c の手順を繰り返します。

  10. Match one or more rules (1 つ以上の規則に一致) 件中 Match all rules (すべての規則に一致) 件を選択済み
  11. Finish (終了) をクリックします。

Static Device Group の作成

スタティックデバイスグループではデバイスを手動で追加する必要があります。

  1. Jamf School で、Devices (デバイス) > Groups (グループ) へ移動します。
  2. + Add Group (+ グループを追加) をクリックします。
  3. デバイスグループアシスタントで Basics (基本) 設定を構成するには、次の手順を実行してください。
    1. Group Name (グループ名) フィールドにグループの名前を入力します。
    2. Description (説明) フィールドにグループの説明を入力します。
      例:

      たとえば「Devices used as school kiosks (学校のキオスクとして使用されるデバイス)」や「Jamf AP Science Lab Devices (Jamf AP サイエンスラボデバイス)」などです。

    3. グループのタイプに Static Device (スタティックデバイス) を選択します。
  4. Options (オプション) 設定を構成するには、次の手順を実行してください。
    1. (オプション) スマートグループに関連付けるテキストを入力します。このテキストは、説明列の Devices (デバイス)/Device Groups (デバイスグループ) に表示されます。
    2. Show in iOS app (iOS App で表示) からオプションを選択して、このデバイスグループに Scope 設定された App の Jamf Teacher または Jamf School Student App での表示方法を構成します。
  5. Next (次へ) をクリックします。
  6. 自動またはオンデマンドインストール用にスマートグループに追加するプロファイルを選択して Profile (プロファイル) 設定を構成し、Next (次へ) をクリックします。
  7. 自動またはオンデマンドでデバイスにインストールする App を選択して App の設定を構成し、Next (次へ) をクリックします。
  8. 自動またはオンデマンドインストールのリストからドキュメントを選択して Documents (ドキュメント) の設定を構成し、Next (次へ) をクリックします。
  9. スタティックグループに追加するデバイスの Add (追加) をクリックして、Members (メンバー) 設定を構成します。
  10. Finish (終了) をクリックします。