自動デバイス登録体験のカスタマイズ

登録時に表示する契約を作成し、Somtoday、LDAP、Microsoft Azure、Google で、または Jamf School のアカウント資格情報を使用してローカルで、認証を要求することにより、ユーザの自動デバイス登録 (旧称 DEP) 体験をカスタマイズすることができます。ユーザ契約を使用すると、登録を続行する前に同意する必要があるエンドユーザライセンス契約などの情報をユーザに表示できます。

一般的な要件

登録をカスタマイズするには、次のものが必要です:

  • iOS 13 以降 または iPadOS 13 以降のモバイルデバイス

  • macOS 10.15 以降のコンピュータ

  • Jamf School の Apple School Manager からのサーバトークンファイル (詳細については、Apple School Manager の統合 を参照。)

  • iOS デバイス用自動デバイス登録プロファイル (詳細については、自動デバイス登録 を参照。)

契約を作成する

登録中にユーザ契約を表示する場合は、自動デバイス登録プロファイルを構成する前に契約を作成する必要があります。

  1. Jamf School で、スライドバーの Organization (オーガニゼーション) > Agreements (契約) へ移動します。
  2. CreatePlus new agreement (+ 新しい契約を作成) をクリックします。
  3. Title (タイトル) フィールドに名称を入力します。このタイトルはユーザに表示されるので、契約を説明している必要があります。
  4. Content (コンテンツ) フィールドにユーザ契約のテキストを入力します。このカスタムテキストは登録中にユーザに表示され、ユーザが登録を続行するには Agree (同意) をタップする必要があります。
  5. Save (保存) をクリックします。

ロゴをカスタマイズする

登録時に表示されるロゴをカスタマイズする場合は、自動デバイス登録プロファイル (DEP プロファイル) を配布する前にロゴを構成する必要があります。

  1. Jamf School で、スライドバーの Organization (オーガニゼーション) > Settings (設定) へ移動します。
  2. Appearance (外観) ペイロードを使用して、Upload new logo (新しいロゴをアップロード) フィールドに画像をドラッグ&ドロップしてカスタムロゴをアップロードします。
    注:

    900 x 200 ピクセルサイズの PNG または JPG ファイルをアップロードすることをお勧めします。

  3. Save (保存) をクリックします。

登録をカスタマイズする

要件

登録中に認証を要求するには、Jamf School で認証設定を構成する必要があります。詳しくは、以下を参照してください:

  1. Jamf School で、スライドバーの Profiles (プロファイル) > Automated Device Enrollment Profiles (自動デバイス登録プロファイル) へ移動します。
  2. カスタマイズするプロファイルをクリックします。
  3. Onboarding (オンボーディング) タブをクリックします。
  4. (オプション) 登録に契約を追加するには、次の手順を実行します:
    1. Add Agreement (契約を追加) をクリックします。
    2. 使用する契約を選択します。
    3. Close (閉じる) をクリックします。
  5. (オプション) 登録時に認証を要求するには、Require authentication for enrollment (登録のための認証を要求) 登録のための認証を要求 チェックボックスを選択します。Make authenticated user the device owner (認証されたユーザをデバイスの所有者にする) (認証されたユーザをデバイスの所有者にする) を選択することにより、登録時に認証するユーザをデバイス所有者にすることもできます。
  6. Save (保存) をクリックします。

このプロファイルに割り当てられ、まだ登録されていないデバイスは、登録のカスタマイズにより登録されます。