デバイスのプロファイル

プロファイルを使用すると、デバイスの設定と制限を簡単に定義できます。プロファイルは、Wi-Fi ネットワーク、制限、電子メールアカウントなどのデバイス上の設定を構成できます。デバイスにプロファイルを配布するには、2 つの異なる方法があります。つまり、自動的にインストールするか、ユーザがインストールできるようするかです (オンデマンド)。Jamf School を使用してプロファイルを配布する場合、プロファイル内で作成されたユーザ名、パスワード、およびその他の情報でプロファイルを事前構成するオプションがあります。詳しくは、ペイロード変数 を参照してください。

プロファイルを作成する前に、構成プロファイル Payload や設定の基本知識、およびそれらがデバイスへ与える影響を学ぶ必要があります。各 Payload と設定の詳細については、以下の Apple の文書ご覧ください:

プロファイルを作成する

プロファイルを配布する場合、プロファイル設定を構成する前に、まずプロファイルを作成する必要があります。

注: Wi-Fi 設定と制限のみを含むプロファイルを作成することをお勧めします。デバイスは常時ネットワーク接続を必要とするので、Wi-Fi プロファイルに他の設定が含まれている場合、Wi-Fi 設定に干渉する可能性があります。また、生徒と教師用に別々のプロファイルを作成することをお勧めします。これらのグループでは異なる設定と制限が必要になる可能性が高いためです。

  1. Jamf School のサイドバーで Profiles (プロファイル) に移動します。

  2. +Create Profile (+プロファイルを作成) をクリックします。

  3. プロファイルを作成するオペレーティングシステムを選択するか、Upload Custom Profile (カスタムプロファイルをアップロード) を選択します。

  4. プロファイルを作成する登録のタイプを選択します。

  5. Profile name (プロファイル名) フィールドに名称を入力し、必要に応じて、削除ポリシーといった追加設定を構成します。

  6. (オプション) プロファイルがいつ配布されるかを制御する時間フィルタを構成します。

    1. Use time filter (時間フィルタを使用) を選択します。

      注: 保存されたプロファイルに時間フィルタを構成することもできます。Profiles (プロファイル) > Overview (概要) に移動し、編集したいプロファイルをクリックして、General (一般) タブの Use time filter (時間フィルタを使用) を選択します。

    2. 以前に休暇が追加されていない場合、Organization (オーガニゼーション) > Settings (設定) > Holidays (休暇) リンクが表示されます。

      重要: この時点で Organization (オーガニゼーション) > Settings (設定) > Holidays (休暇) を選択すると、プロファイル作成アシスタントが終了し、入力した新しいプロファイル情報は失われ、プロファイルは保存されません。休暇を追加した後、手順 1~5 を繰り返して、失われた情報を再入力する必要があります。他の方法として、Organization (オーガニゼーション) > Settings (設定) > Holidays (休暇) に手動で移動し、プロファイルの作成後、General (一般) タブに時間フィルタ設定を構成することができます。

    3. 休暇中にプロファイルが配布されないようにする場合は、Don't install this profile during the configured holidays (構成された休暇中にこのプロファイルをインストールしない) を選択します。

    4. プロファイルを毎週末に配布する場合は、Always install this profile during the weekends (常にこのプロファイルを週末にインストールする) を選択します。

    5. 開始時刻と終了時刻を選択して、プロファイルを配布する範囲を作成します。

      注: 時間設定は 24 時間制に基づいています。

    6. プロファイルを配布する曜日を選択します。

  7. Finish (完了) をクリックします。

  8. Scope ペイロードを使用して、+ アイコンをクリックしプロファイル Scope にデバイスグループを追加することにより、プロファイルの Scope を構成します。

  9. Settings (設定) images/download/thumbnails/65175558/Settings_icon.png アイコンをクリックし、次のいずれかを実行します:

    • デバイスにプロファイルを自動的にインストールするには、Change to automatic installation for all groups (自動インストールへの変更すべてのグループが対象) を選択します。

    • ユーザが自分でプロファイルをインストールできるようにするには、Change to on-demand installation for all groups (オンデマンドインストールへの変更すべてのグループが対象) を選択します。
      Jamf Teacher または Jamf School Student App の中でユーザがプロファイルをインストールできるようになります。

  10. 必要に応じて、他の Payload 設定を構成します。

  11. Save (保存) をクリックします。

新しいプロファイルがプロファイルの概要に表示されます。Copy (コピー) images/download/thumbnails/79176894/Copy_icon.png アイコンをクリックしてプロファイルを複製できます。

単一デバイスへのマネージドプロファイルの配布

Jamf School を使って、以前に作成したプロファイルを 1 つのデバイスに配布することができます。たとえば、デバイスのグループにプロファイルを配布せずに、VPN Payload を持つプロファイルを使用して VPN への教師デバイスアクセスを提供できます。

  1. Jamf School のサイドバーで Devices (デバイス) > Inventory (インベントリ) と移動します。

  2. プロファイルの配布先デバイスをクリックします。

  3. サイドバーの Managed Profiles (マネージドプロファイル) をクリックします。

  4. +Add Profile (+プロファイルを追加) をクリックします。

  5. 配布したいドキュメントの隣にある Add (追加) をクリックします。

このプロファイルはすぐにデバイスにインストールされます。配布しているプロファイルに時間フィルタが構成されている場合は、プロファイルのインストール時に時間フィルタの設定が適用されます。

: この方法でプロファイルをインストールしたデバイスは、プロファイルの Scope Payload に表示されず、Scope Payload のデバイスグループにも追加されません。

Copyright     個人情報保護方針     使用条件     セキュリティ
© copyright 2002-2021 Jamf. All rights reserved.