Web Clip

重要な連絡先情報や PDF へのリンクなど、よく使う機能へのクイックリンクを Web Clip を使って作成します。Web Clip を使用すると、iPad や iPhone のホーム画面、または指定したウェブページに直接リンクする Mac のドックにクイックアクセスアイコンを追加できます。Safari の制限と組み合わせてユーザが一部のウェブページにしかアクセスできないようにすることで、セキュリティを強化します。

Web Clip 要件とユーザ体験

Web Clip タイプ注記ユーザ体験
PDFPDF 版の Web Clip を展開する前に、PDF や文書が外部向け URL でアクセスできることを確認してください。
E メールアドレス対象は iPad および iPhone のみです。メールアドレスの Web Clip 展開する前に、メール App に手動または Jamf Now で構成した既存のメールアカウントがあることを確認します。Jamf Now での E メールの設定については、E メールを設定するデバイスに E メールを手動で割り当てる を参照してください。
注:

この Blueprint のデバイスで Safari が制限されている場合は、Web Clip を全画面モードで展開する必要があります。

Web Clip の URL は「mailto:emailaddress」にしてください。例: mailto:email@exchange.com

  1. Web Clip をタップします。

    対象となる受信者に事前に送信された E メールによりメール App にリダイレクトする前に、Safari ウィンドウが開きます。

  2. E メールを作成し、送信します。

    注:

    Web Clip が全画面モードに設定されていない場合、Safari が追加のプロンプトを生成します。

連絡先

対象は iPad および iPhone のみです。

  • 電話で連絡する場合、Web Clip の URL は「tel://contactnumber」となります。例: tel://5551239876
  • 連絡先のテキストメッセージの場合、Web Clip の URL は「sms://contactnumber」となります。例: sms://5551239876
注:

この Blueprint のデバイスで Safari が制限されている場合は、Web Clip を全画面モードで展開する必要があります。

連絡先への電話用 Web Clip の場合

  1. Web Clip をタップします。

    Safari ウィンドウが開き、その番号に電話をかけるように要求するプロンプトが表示されます。

  2. Call (通話) をタップして Phone (電話) App を開き、連絡を開始します。

連絡先へのテキスト用 Web Clip の場合

  1. Web Clip をタップします。

    対象となる受信者に事前に送信されたテキストにより Messages (メッセージ) App にリダイレクトする前に、Safari ウィンドウが開きます。

  2. テキストを作成し、送信します。

位置Web Clip の URL は「http://maps.apple.com/?」で始まり、残りの URL にはサポートされている Apple Maps のパラメータを使用します。詳細については、Apple Developer ウェブサイトのMap Links (マップのリンク) を参照してください。
  • 近くのガソリンスタンドなど、あるタイプの場所の検索を共有するには、次の URL: "http://maps.apple.com/?q=" の後に検索条件を入力します。例:
    http://maps.apple.com/?q=Gas+Station
  • 特定の場所を共有する場合、住所を指定します。例:
    http://maps.apple.com/?address=215,Riverfront+Terrace,Eau+Claire,Wisconsin
iOS Chrome app で開くウェブページ対象は iPad および iPhone のみです。Chrome 用の Web Clip を展開する前に、デバイス上に希望のブラウザがあることを確認します。
注:

Chrome では全画面モード設定に対応していないため、全画面モードは適用されません。

Chrome の場合、URL の「googlechrome://」または「googlechromes://」の前に「https」を付けます。

Jamf Now での Web Clip の展開

既に Web Clip が配備されている場合、新しい Web Clip をプッシュすると既存の Web Clip の位置がリセットされ、ホーム画面やドックの元の位置に戻ります。これは Web Clip の機能には影響しませんが、ユーザは Web Clip をデフォルトのインストール位置から移動する時に位置が変わったことがわかります。

  1. Jamf Now にログインします。
  2. Blueprints をクリックします。
  3. Web Clips をクリックします。
  4. Add Web Clip (Web Clip を追加) をクリックします。
  5. ポップアップウィンドウで、名前、URL、Web Clip 用のオプションのカスタムアイコンを入力します。
    注:

    Apple では、400×400 ピクセル以下で、解凍時に 1MB 以下の正方形の画像の使用を推奨しています。画像ファイルは必要に応じて拡大、縮小、トリミングされます。

  6. (オプション) Web Clip を全画面表示する場合、Full screen mode (全画面モード) チェックボックスにチェックを入れます。
  7. (オプション) ユーザによる Web Clip の削除を許可する場合、Removable by the user (ユーザによる削除が可能) チェックボックスにチェックを入れます。
  8. Save Settings (設定を保存) をクリックします。
Web Clip は、Blueprint 内の適格なデバイスに自動的に展開されます。Web Clip の名前がデバイスのアイコンの下に表示されます。