監視

監視により、所属するオーガニゼーションが所有するコンピュータやデバイスの構成や制限に関して追加的な制御が可能になります。例えば、オペレーティングシステムの機能 (AirDrop など) の制御や、アプリケーションの管理 (Single App Mode の設定など) が可能になります。Apple School Manager (Apple School 管理) または Apple Business Manager の使用により、Jamf Now を使用して登録プロセスの一部として監視を有効にできます。

iOS、iPadOS、tvOS デバイスの場合、Apple Configurator を使用して手動で監視を有効にできます。ユーザが Jamf Now で登録を行うと、macOS 11 以降を搭載したコンピュータが監視対象と見なされます。詳しくは、Apple プラットフォーム導入Apple デバイスの監視についてを参照してください。

モバイルデバイス管理 (MDM) の一部の機能 (制限の設定や管理コマンドの送信など) は、監視対象のコンピュータおよびデバイスでのみ使用できます。詳しくは、Apple プラットフォーム導入の以下のトピックを参照してください:

監視と Jamf Now 機能

Jamf Now の機能の大半は、監視対象デバイスだけに適用できます。

一部の Jamf Now 機能は監視と自動デバイス登録の両方が必要です。以下を含みます:

  • 非リムーバブル管理プロファイル

  • アクティベーションロックのバイパス

  • OS 更新のプッシュ

非監視対象監視対象

Wi-Fi を構成

XX

E メールを構成する

XX

App を展開する

XX

パスコードが必要

XX

App のインストールまたは削除を無効にする

X

「wipe this device (このデバイスのワイプ)」を無効にする

X

iTune 露骨なコンテンツのフィルタリング

X

iTunes、Safari、iMessage を無効化する

X

App の使用を管理する

X

制限 (iPad および iPhone)

X

紛失モード

X

壁紙

X

アクティベーションロックのバイパス

X

iPad、iPhone、Apple TV の監視

注: デバイスは監視下に置かれるとワイプされます。

iPad、iPhone、Apple TV の監視には 2 つの方法があります:

  • 自動デバイス登録を使用して、Apple Business Manager または Apple School Manager アカウントに関連付けられているデバイスを登録できます。これは、オンボーディングプロセスを合理化し、この登録方法を必要とする機能を使用できるようにするために役立ちます。

  • Apple Business Manager または Apple School Manager アカウントに関連付けられていない既存のデバイスの場合は、Apple Configurator を使用してデバイスを手動で監視します。詳しくは、Apple Configurator でのモバイルデバイスの監視 を参照してください。
    注:

    Apple Business Manager または Apple School Manager の対象とならないデバイスの場合は、次のリンクを使用して、Apple Configurator Apple Configurator 2.5 以降を使用してモバイルデバイスを自動デバイス登録用に準備する でデバイスを Apple アカウントに追加します。

Mac を監視する

Mac の監視には 2 つの方法があります:

  • macOS 10.15 以降が搭載されたコンピュータは、自動デバイス登録で監視できます。

  • macOS 11 以降を搭載したコンピュータは、オープン登録で登録すると自動的に監視されるため、すでに展開済みの Mac の管理が簡単になります。

監視対象デバイスの特定

  1. デバイスで Settings (設定) App を開いてください。
  2. General (一般) をタップします。
  3. About (概要) をタップします。

    監視対象デバイスには、監視ステータスが表示されます。

    画面上部のデバイスが監視対象であることを示すスクリーンショット