Apple Configurator でのモバイルデバイスの監視

監視により、Jamf Now を使ってデバイスの追加機能を制御することができます。この機能は、機関が所有するモバイルデバイスを対象としています。

監視機能を使用する最良の方法は、Apple Business Manager または Apple School Manager (Apple School 管理) 経由でデバイスを登録することです。Apple Business Manager または Apple School Manager (Apple School 管理) を介して Automated Device Enrollment (自動デバイス登録)Jamf Now に登録されたデバイスは、ワイヤレス通信で監視されます。機関が所有している既存のデバイスを Apple の展開アカウントに追加できるかについては、最寄りの Apple ビジネスチームまでお問い合わせください。

Apple Business Manager または Apple School Manager (Apple School 管理) に含める資格のないデバイスをお持ちの場合は、Mac App Store の無料 App Apple Configurator 経由で監視できます。

重要:

モバイルデバイス上で監視を有効にすると、デバイスはワイプされます。

要件

Apple Configurator 2.5.0 以降

最新バージョンの App をダウンロードする方法については、Apple Configurator を参照してください。

  1. モバイルデバイスをコンピュータに接続して、Apple Configurator の最新バージョンを開いてください。
  2. 画面上のポップアップメニューの Actions (アクション) から Prepare (準備) を選択します。
  3. Prepare with (準備方法) ポップアップメニューオプションで Manual Configuration (手動設定) を選択します。

    Prepare Devices (デバイスの準備) のスクリーンショット。Manual Configuration (手動構成) でデバイスが準備されていることが表示されています。

  4. Supervise Devices (デバイスを監視) チェックボックスを選択して、Next (次へ) をクリックします。
  5. Server (サーバ) ポップアップメニューから Do not enroll in MDM (MDM に登録しない) を選択して、Next (次へ) をクリックします。

    Server (サーバ)メニューから MDM に登録しないというオプションを表示しているスクリーンショット。

  6. オーガニゼーション情報を入力して、このデバイスを所有する機関に関する詳細を表示し、Next (次へ) をクリックします。

    Create an Organization (オーガニゼーションの作成) でオーガニゼーションについて入力する情報のスクリーンショット。

  7. 以前に監視 ID を扱ったことがない場合は、Generate a new supervision identity (監視 ID を作成する) チェックボックスを選択してこのプロセスを完了し、Next (次へ) をクリックします。

    Generate a new supervision identity (監視 ID を作成する) が選択されたことを示すスクリーンショット。

  8. (オプション) 設定アシスタントでユーザに提示する手順を選択してから、Prepare (準備) をクリックします。

    セットアップアシスタントのスクリーンショット。セットアップアシスタントで選択するオプションの手順が一覧表示されています。

モバイルデバイスはワイプされ、監視対象デバイスとして再起動します。

これで、オープン登録 を使用して Jamf Now にデバイスを登録し、監視が必要な追加機能を活用できます。詳しくは、オープン登録による iPad および iPhone の登録 を参照してください。