Apple Push Notification service (APNs) 証明書を更新する

Apple Push Notification service (APNs) 証明書により、デバイス、Apple、Jamf Now の間に信頼関係を構築できます。これは Jamf Now アカウントを設定するための重要なステップです。

注:

APN 証明書は、MDM でデバイスを管理するために必要です。証明書の有効期限が切れる前に、いつでも更新できます。APN 証明書は、毎年更新する必要があります。

要件

証明書を更新する前に、下記の点を確認してください。

  • Jamf Now アカウントが正常に機能していること

  • 更新の準備ができている既存の APN 証明書を持っていること

注:

更新の際には、最初の APN 証明書の作成に使用したのと同じ Apple ID を使用する必要があります。Apple ID を覚えていない場合は、記事 Apple Push Notification service (APNs) に使用する Apple ID を決定する を参照してください。

  1. Jamf Now にログインします。
  2. 左側のナビゲーションメニューにある APN をクリックします。既存の APN 証明書がこのページに表示され、APN を設定する時に Apple ID を保存していた場合は、その ID も表示されます。
  3. Renew (更新) をクリックすると、4 段階の手順が表示されます。

    Apple プッシュ証明書の更新を含めた 4 段階の手順のステップ 1 が表示された APN セクションのスクリーンショット

  4. Download Certificate Signing Request.plist (Certificate Signing Request.plist をダウンロード) をクリックしてから、Next (次へ) をクリックします。
  5. Open the Apple Push Certificate (Apple プッシュ証明書ポータルを開く) をクリックします。新しいウィンドウが開き、最初に APN 証明書を作成した時に使用した Apple ID とパスワードで再認証するように求められます。
    • このアカウントで更新する必要のある証明書を覚えていない場合は、Jamf Now の APN 設定の ステップ 2 にシリアル番号と有効期限が記載されています。

    • 適切な証明書の横にある Renew (更新) をクリックします。それから Choose File (ファイルを選択) をクリックして、Jamf Now からダウンロードした署名リクエストをアップロードして、Upload (アップロード) をクリックします。

    • アップロードが完了すると、緑のチェックマークが付いた確認メッセージが表示されます。Download (ダウンロード) をクリックして、更新した APN 証明書のコピーを取得し、Next (次へ) をクリックして Jamf Now に戻り、設定を完了します。

  6. 新しい APN 証明書をアップロードするには、点線で囲まれたボックスにファイルをドラッグ&ドロップするか、Browse (閲覧) をクリックしてコンピュータで新しい証明書を検索します。Next (次へ) をクリックします。

    簡単に更新できるように、Jamf Now に Apple ID を保存しておくことをお勧めします。

これで、今後 12 ヵ月間有効になる APN 証明書の更新が完了しました。