プッシュ証明書の不一致エラー

プッシュ証明書を使用して、Jamf Now と Apple プッシュ通知サービス (APNs) との通信を行うことができます。これにより、Jamf Now でマネージドデバイスとの通信が可能になります。プッシュ証明書は、デバイスの通信を継続するために、毎年更新する必要があります。

更新するプッシュ証明書をアップロードする際、Jamf Now は、現在のプッシュ証明書のコモンネームと、アップロードしようとしているプッシュ証明書のコモンネームを比較します。"Push Certificate Mismatch" エラーは、アップロードしようとしているプッシュ証明書が、Jamf Now の現在のプッシュ証明書と一致しないことを示しています。

Replace Certificate (証明書を交換する) オプションボタンが表示された、プッシュ証明書の不一致エラーメッセージのスクリーンショット。

プッシュ証明書の不一致の解決

"Push Certificate Mismatch" エラーは、最初に作成した APN 証明書を検出して Jamf Now にアップロードすることで修正できます。このオリジナルの証明書を検出するには、オリジナルのプッシュ証明書を作成するために使用された可能性のある Apple ID にサインインすることを推奨します。

また、Apple は、オリジナルのプッシュ証明書を作成するために使用された Apple ID に、「Apple Push Notification Service certificate expiration (Apple プッシュ通知サービス証明書の有効期限)」という件名のリマインダーの E メールを送信します。E メールの受信ボックスを検索して、どの Apple ID でオリジナルのプッシュ証明書を作成したかを調査することができます。

APN ポータルにプッシュ証明書が配置されると、ポータルに表示されているコモンネームと Jamf Now に表示されているコモンネームを比較することができます。それらが一致する場合、更新用にオリジナルの正しいプッシュ証明書を見つけました。更新プロセスを続行し、この更新されたプッシュ証明書を Jamf Now にアップロードします。

Apple プッシュ証明書ポータルのスクリーンショット。Subject DN (サブジェクト DN) セクションに表示されたコモンネームが強調表示されている。

デバイスのコモンネームの検出

マネージドデバイスには、Jamf Now にデバイスを登録するために使用されるプッシュ証明書のコモンネームも表示されます。これは、デバイスに「Topic (トピック)」として表示されます。

  • iOS の場合、Settings (設定) > General (一般) > Device Management (デバイス管理) > Enrollment (登録) > More Details (詳細) > Mobile Device Management (モバイルデバイス管理) に移動します。

    iOS デバイスのスクリーンショット。Topic (トピック) の名称が強調表示されている。

  • macOS の場合、System Preferences (システム環境設定) > Profiles (プロファイル) に移動します。

    macOS の System Preferences (システム環境設定) の Profiles (プロファイル) のスクリーンショット。

プッシュ証明書の不一致エラーの回避

正しいプッシュ証明書が検出され、更新され、アップロードされた後は、プッシュ証明書の更新プロセスの最後の手順として、正しい Apple ID が保存されていることを確認する必要があります。1 年後にこの Apple ID を参照して、来年のプッシュ証明書の更新プロセスを進めることができます。

プッシュ証明書に使用する Apple ID を入力して保存するためのテキストボックスが表示された、手順 4 のスクリーンショット。