パスコード設定

Jamf Now では、デバイスのパスコードに特定の設定をできるようになりました。下記は Jamf Now で実行できる各パスコード設定の説明です。
複雑なパスコードが必要
複雑なパスコードをオンにすると、繰り返し (1111) や増減のないパターン (1234 または 8765) のパスコードを作成する必要があります。
半角英数字が必要
この機能をオンにすると、デバイスのパスコードにはアルファベットと数字の両方が必要になります。
パスコードの最小桁数が必要
パスコードは、設定に応じてこの長さ以上にする必要があります (1~16 文字)。
最小文字数
最小文字数をオンにすると、デバイスのパスコードには最低でもこの数の特殊文字が必要になります。特殊文字には、下記の文字が含まれます: ! @ # $ % &
パスコードの最大有効期限
ユーザによる変更が必要になるまでの、パスコードの使用時間を指定します。
パスコードの履歴
以前のパスコードを再利用できるようになるまでに必要な一意のパスコードの数を設定します。
最大猶予期間
ユーザがパスコードを入力せずにデバイスを解除できる時間。macOS X では、スクリーンセーバーの設定と訳されています。
最大試行数 (iPad および iPhone のみ)
パスコード試行数を設定します。この回数を超えると、デバイスはワイプされ、出荷時設定にリセットされます。これにより、Jamf Now からデバイスの登録が解除されます。
iPad および iPhone の自動ロック
指定した時間アイドル状態が続くと、自動的にロックされます。
Mac の自動ロック
指定した時間アイドル状態が続くと、Mac が自動的にロックします。