Jamf Now 赤色ドットアラート

Jamf Now は、「needs attention (注意)」を示す赤色ドットをデバイスのダッシュボードに使用し、対処が必要なデバイスがあることを管理者に通知します。「needs attention (注意)」と判定されたデバイスについて、一般的な原因と修復のヒントを以下に示します。

一般的な原因

  • 最終のチェックインが 9 日以上前である

  • 設定が旧式・期限切れであるか、適用されていない

  • iPhone または iPad にパスコードが設定されていない

  • FileVault が有効になっているが、リカバリーキーが保存されていない

  • デバイスが登録解除されている

  • デバイスが登録中である

  • App インストールにおいてエラーが発生している

修復のヒント

  • デバイスの電源が入っていることを確認する

  • ネットワーク接続 (Wi-Fi または Cellular) を確認する

  • デバイスにパスコードが設定されている場合はロックを解除する

  • Apple プッシュ通知サービス (APNs) が有効になっていることを確認する

  • デバイスの登録に使用した APN 証明書と Jamf Now に接続した証明書が同じであることを確認する詳しくは、プッシュ証明書の不一致エラー を参照してください。

  • Mac の場合、登録時に使用したものと同じローカルアカウントでログインしていることを確認する

  • Mac の場合、Active Directory にバインドされていないことを確認する

    注:

    Jamf Now の持つ情報は、すべてデバイスから得られるものです。デバイスのダッシュボードに表示されている「Last Inventoried (最終インベントリ)」の日付を確認すると、そのデバイスが、インストールされた App、プロファイル、その他の設定を最後にレポートした時期が分かります。