Jamf Now を初めて使うとき

このガイドには、Jamf Now の初期設定の方法に関する説明が記載されています。

要件
  • Jamf Now アカウントを設定する時は、コンピュータをお使いください。モバイルデバイスからも Jamf Now にアクセスできますが、設定には Mac または Windows コンピュータが必要です。

  • Safari、Chrome または Firefox をお使いください。

  • Signup.jamfnow.com でアカウントを作成します。hello@jamfnow.com からアクティベーション E メールを受信します。メールを受信しない場合、ジャンクフォルダまたは迷惑メールフォルダを確認してください。

  • Apple Business Manager または Apple School Manager で登録します。このプロセスでは、承認に最長 5 営業日かかります。

ステップ 1:Apple Push Notification service (APNs) の設定

APN によりデバイス、Apple、Jamf の間で信頼関係を構築できます。デバイスを登録する前に、APN の設定が必要です。APN を構成するには、Jamf Now にログインして APN をクリックします。

詳しくは、Apple Push Notification service (APNs) 証明書の設定 を参照してください。

ステップ 2:自動デバイス登録の設定

Apple Business Manager または Apple School Manager を使用した自動デバイス登録では、アクティベーションを行うと即座に、Jamf Now の管理設定が自動的に Apple デバイスにダウンロードされます。自動デバイス登録を設定するには、Jamf Now にログインして Auto-Enrollment (自動登録) をクリックします。

詳しくは、自動デバイス登録を設定する を参照してください。

ステップ 3:Volume Purchasing の設定

Jamf Now での App 配布は、Apple の Volume Purchasing と統合することで簡単に行うことができるプロセスです。Volume Purchasing は、オーガニゼーションが App を一括購入して導入するための最適な方法です。App を購入してマネージド配布を行うと、オーガニゼーションは App の所有権を維持したまま、従業員の Apple ID やデバイスに App を割り当てることができます。Jamf Now では、支払い済みの iPad App または iPhone App、もしくは任意の Mac App または Apple TV App を導入するために Volume Purchasing を使用する必要があります。Volume Purchasing を設定するには、Jamf Now にログインして Volume Purchasing (ボリューム購入) をクリックします。

詳しくは、Volume Purchasing を設定する を参照してください。

ステップ 4:Blueprints の構成と割り当て

Blueprint では、アプリケーション、設定、制限を簡単にバンドルすることができます。Blueprint を構成した後、その Blueprint にデバイスを割り当てて、選択したバンドル設定をそれらのデバイスに展開することができます。Blueprint を構成するには、Jamf Now にログインして Blueprint をクリックします。

注:

Blueprint の構成時には、監視が必要な機能に注意してください。監視により、高度なデバイス管理が可能です。

Blueprint の構成方法については、Blueprint の新規作成 を参照してください。

Blueprint をデバイスに割り当てる方法については、自動デバイス登録で登録されたデバイスへの Blueprint の事前割り当て または オープン登録で登録するデバイスに割り当てる Blueprint の指定 を参照してください。

ステップ 5:デバイスの登録

登録はデバイスを追加して、Jamf Now とデバイスの接続性を確立するプロセスです。これにより、デバイスでインベントリ、構成、セキュリティ管理、配布タスクを実行できます。

自動デバイス登録またはオープン登録でデバイスを登録できます。オープン登録は、従業員が個人所有のデバイスを職場に持ち込む (いわゆる BYOD) 場合に最もよく使用される管理の下位形態です。

注:

Jamf Now は、Apple 唯一の MDM プラットフォームです。どのオペレーティングシステムからでも Jamf Now アカウントにアクセスできますが、Jamf Now に登録できるのは現在のオペレーティングシステムを搭載した Apple デバイスのみです。オペレーティングシステム要件の詳細は、システム要件 を参照してください。