App のインストール失敗ステータス

App のインストールは様々な原因で失敗する場合があります。一般的な原因としては、デバイスが他のシステムアクティビティでビジー状態になっている場合や、エンドユーザが App のインストールを求められた際にデバイス上で Cancel (取消)をタップした場合などが挙げられます。インストールに失敗すると、Jamf Now はデバイスが App をインストールするまで App のインストールを再試行します。

App のインストール失敗ステータスが続く場合、デバイスから App を削除することをお勧めします。これにより、App のインストールが停止し、「Not Installed (インストールされていません)」というステータスが返されます。それから App のインストールを再試行します。

インストール済、非マネージド
App はすでにデバイスにインストールされていますが、Jamf Now によってまだ管理されていません。App をマネージドにアップデートするには、App に移動し、Action (アクション) ポップアップメニュー (•••) をクリックして、「Convert to Managed (マネージドへ変換)」を選択します。
インストール中…デバイスのチェックイン待ちです
Jamf Now はデバイスに App をインストールするコマンドを送信しましたが、App ではまだインストールが完了していません。インストールは保留中で、デバイスが Jamf Now と同期するのを待っています。
インストールまたはアップデートの失敗
App をインストールまたはアップデートできませんでした。インストールステータスには、「この App の展開には Volume Purchasing のライセンスが必要です」など、可能な限り障害の原因に関する詳細が含まれます。デバイスがインストールを受信するまで、Jamf Now はデバイスに App をインストールするコマンドを送信し続けます。
インストール中…
Jamf Now はデバイスに App をインストールするコマンドを送信しました。
インストールされていません
この App はデバイス上でインストールを試行しませんでした。