インストレーションとライセンシング

Jamf Connect のサブスクリプションには、以下のファイルとアセットが含まれます。

  • Jamf Connect インストーラ PKG

  • 起動エージェント PKG

  • Jamf Connect ライセンス構成プロファイル

インストレーションファイル

Jamf Connect PKG は以下をコンピュータにインストールします。
JamfConnectLogin.bundle
  • /Library/Security/SecurityAgentPlugins/JamfConnectLogin.bundle
  • /usr/local/lib/pam/pam_saml.so.2
Jamf Connect.app
/Applications/Jamf Connect.app

起動エージェント

Jamf Connect DMG は、コンピュータにインストールできる PKG 形式の起動エージェントを含みます。インストールすると、コンピュータ上で Jamf Connect のメニューバー App が自動的に開きます。ユーザが App を閉じたり、App が予期せず終了したりすると、App は再度自動的に開きます。また、ログインウィンドウで Jamf Unlock 認証を使用する場合は、起動エージェントが必要です。

PKG 形式の起動エージェントをダウンロードするには、Jamf Connect DMG を開き、Resources (リソース) をクリックし、JamfConnectLaunchAgent.pkg ファイルをダウンロードしてローカルでインストールするか、MDM ソリューションを介して展開してください。

Jamf Connect ライセンス

Jamf Connect ライセンスは、Jamf Account からダウンロード可能です。導入方法は2種類から選択できます。

  • ライセンスファイルをダウンロードして Jamf Connect Configuration app にアップロード

    Jamf Account から .jamfconnectlicense ファイルをダウンロードして、Jamf Connect Configuration appの設定にアップロードこれにより、エクスポートされた構成プロファイルにライセンスが直接埋め込まれます。

  • エンコードされたライセンス文字列を構成プロファイルにコピーアンドペーストすることができます。

    Base64 でエンコードされたライセンス文字列を Jamf Account からクリップボードにコピーして、Jamf Connect 構成プロファイルのライセンスファイル (LicenseFile) 設定に貼り付けます。Jamf Pro Application & Custom Settings ペイロードを使用して、構成プロファイルを作成する管理者には、この方法を推奨します。

Jamf Connect にライセンス許諾する際は、以下のことに注意してください。

  • Jamf Connect は、インストールされたバージョンのリリース日から30日後に失効するライセンスなしのトライアルモードで動作します。

  • ライセンスは、単一の Jamf Connect 構成プロファイルと環境設定ドメインにのみ含める必要があります。

免責事項:

弊社はライセンス使用に関するハッシュ化されたデータを収集する場合があります。このデータは、組織で Jamf Connect を使用しているライセンスの数を監視する目的で使用され、これには個人情報は一切含まれません。

要件

ライセンスをダウンロードするには、Jamf Connect サブスクリプションを Jamf ID と関連付ける必要があります。

  1. Jamf AccountProducts > Connect に移動します。
  2. Jamf Connect の設定プロファイル作成にJamf Connect Configuration または Jamf Proのどちらを使用するかによって、以下のいずれかを実行してください。
    • Download License File (ライセンスファイルをダウンロード) をクリックして .jamfconnectlicense ファイルをダウンロードし、Jamf Connect Configuration app で Choose License... (ライセンスを選択…) をクリックして設定に組み込みます。

    • Copy license content to Clipboard (ライセンス本文をクリップボードにコピー) をクリックすると、Base64でエンコードされた文字列がクリップボードにコピーされ、その文字列が Jamf Pro Application & Custom Settings ペイロード経由で Jamf Connect 構成プロファイルに貼り付けられます。

ライセンスファイルは Jamf Connect 構成プロファイルに組み込まれ、ターゲットコンピューターに展開できるようになります。

設定プロファイルの作成に Jamf Connect Configuration を使用した場合は、設定プロファイルを保存して、Jamf Pro または別の MDM ソリューションにアップロードする必要があります。詳細については、資料 Deploying Custom Configuration Profiles Using Jamf Pro (Jamf Pro を使用したカスタム構成ファイルの展開) を参照してください。