コンピュータでの Jamf Unlock の有効化

デフォルトでは、Jamf Connect メニューバー App で Jamf Unlock 設定は非表示にされています。これらの設定を表示し、ユーザが Paired Devices (ペアリングされたデバイス) ウィンドウにアクセスできるようにするには、com.jamf.connect 環境設定ドメインに書き込まれた構成プロファイルまたは PLIST で、EnableUnlock キーを true に設定する必要があります。

ユーザが macOS ログインウィンドウで Jamf Unlock を使用できるようにするには、EnableUnlockForLogin 設定を true に設定する必要があります。

ユーザに、PIN を使用して認証要求を完了することを求める場合、RequirePIN 設定も true に設定する必要があります。

重要: Jamf Unlock の認証が期待どおりに機能するには、Jamf Unlock マネージド App 構成の PIN 要件設定と Jamf Connect 構成プロファイルの PIN 要件設定が同じであることを確認してください。
要件

macOS ログインウィンドウで Jamf Unlock を使用するには、以下が必要です:

  • Jamf Unlock 1.2.0 以降

  • macOS 10.15.4 以降を搭載したコンピュータに Jamf Connect 2.6.0 以降をインストールしていること。

  • Jamf Connect 起動エージェントがコンピュータにインストールされていること。

    詳しくは、起動エージェント を参照してください。

以下の設定を、個別の .mobileconfig もしくは PLIST として、またはメニューバー App の既存の構成プロファイルで構成して展開します。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<!DOCTYPE plist PUBLIC "-//Apple//DTD PLIST 1.0//EN" "http://www.apple.com/DTDs/PropertyList-1.0.dtd">
<plist version="1.0">
    <dict>
        <key>Unlock</key>
        <dict>
            <key>EnableUnlock</key>
            <true />
            <key>EnableUnlockForLogin</key>
            <true />
            <key>RequirePIN</key>
            <true />
        </dict>
    </dict>
</plist>

プロファイルが配布されると、Jamf Connect メニューバー App に Unlock (ロック解除) 設定が表示され、ユーザはモバイルデバイスをペアリングできるようになります。

macOS ログインウィンドウでの Jamf Unlock 認証も有効にしている場合、ユーザが次回コンピュータからログアウトする際に Enable Jamf Unlock (Jamf Unlock を有効にする) スイッチが表示されます。