メニューバー App のテスト

Jamf Connect メニューバー App をテストするには、以下のワークフローを完了します。
  • パスワードの同期

  • Kerberos チケットを取得してください

  • メニューバー環境設定の確認

パスワードの同期

Jamf Connect は、定期的なネットワークチェックを実施し、ユーザのネットワークパスワードおよびローカルパスワードが同期されていることを確認します。パスワードの同期をテストするには以下を完了します。

  1. 画面の右上にある Jamf Connect メニューバーをクリックします。
  2. Connect (接続) をクリックします。
    注:

    ユーザの資格情報は、macOS のキーチェーンから読み取られます。評価版ではオプションのスクリプトで認証した結果の成否が表示されます。製品版のデフォルト設定では表示されません。

  3. システム環境設定を開きます。
  4. Users & Groups (ユーザとグループ) をクリックします。
  5. ログイン中のユーザのローカルパスワードを手動で変更します。
  6. Jamf Connect メニューバーで、Connect (接続) を再度クリックしてサインインすると、強制的にネットワークチェックが行われます。
    注:

    デフォルトでは、Jamf Connect は 15 分ごとにネットワークチェックを実施します。

    パスワードを同期するメッセージが表示されます。
  7. Jamf より提供されるアイデンティティプロバイダの試用パスワードを入力します。
ローカルパスワードがネットワークパスワードに一致するように変更されます。

Kerberos チケットの取得

Jamf Connect を Kerberos レルムと統合し、ユーザの Kerberos チケットを取得することができます。

Jamf Connect でサインインしているローカルパスワードで以下の 1 つを実行し、Ticket Viewer アプリケーションを開きます。
  • macOS 10.14 以前の場合、/Applications/Utilities に移動します。

  • macOS 10.15 以降の場合、/System/Library/CoreServices/Applications に移動します。

Kerberos レルム JAMFSE.IO から取得したテストユーザ用のチケットが表示されます。

チケットがない場合、Jamf Connect に再度ログインします。

メニューバー環境設定

メニューバー App では、一部の認証の環境設定をローカルで構成することができます。このメニューにアクセスするには、Jamf Connect メニューバーアイコンをクリックし、Preferences... (環境設定...) をクリックします。

メニューバー App 環境設定の完全なリストについては、Jamf Connect 管理者ガイドメニューバー App 環境設定 を参照してください。