ネットワーク認証のテスト

ご利用の Jamf Connect 構成プロファイルが Jamf Connect Configuration App に格納されている場合、この認証設定をテストして、構成プロファイルがユーザをクラウドアイデンティティプロバイダ (IdP) に正常に認証をするかどうかをテストすることができます。以下のテストを実施できます:

  • OpenID Connect を介した認証

  • Okta の認証 API を介した認証

  • リソース所有者パスワード許可 (ROPG) を介したパスワード検証

Okta 認証のテスト

  1. Jamf Connect Configuration で、Test (テスト) > Okta をクリックします。
  2. 有効なユーザ名およびパスワードを入力してから、Sign In (サインイン) をクリックします。
    次のどれかが起こります。
    • 認証に成功すると、構成は機能し、保存する準備が整います。

    • 認証できない場合、構成に追加の設定が必要であるか、エラーが含まれています。設定を確認し、テストプロセスを繰り返します。

  3. 構成プロファイルを保存してエクスポートします。
    1. File (ファイル) をクリックします。
    2. メニューバーの Save (保存) をクリックします。
    3. 構成プロファイルを書き込む環境設定ドメインを選択します。
    4. ファイルフォーマットを選択します。

      .mobileconfig ファイルを選択した場合、Payload Configuration Profile Data (Payload 構成プロファイルデータ) セクションへの入力を完了する必要があります。

    5. Save (保存) をクリックします。

OpenID Connect 認証のテスト

  1. Jamf Connect Configuration で、Test (テスト) > OIDC をクリックします。
  2. IdP の管理コンソール、ポータル、または類似ツールで Jamf Connect が割り当てられている有効なユーザ名とパスワードでログインします。
    次のどれかが起こります。
    • 認証に成功すると、構成は機能し、保存する準備が整います。

    • 認証できない場合、構成に追加の設定が必要であるか、エラーが含まれています。設定を確認し、テストプロセスを繰り返します。

  3. Save (保存) をクリックして、構成プロファイルを作成します。.mobileconfig ファイルとして保存する場合は、構成プロファイルのメタデータフィールドに入力します。
  4. 構成プロファイルを保存してエクスポートします。
    1. File (ファイル) をクリックします。
    2. メニューバーの Save (保存) をクリックします。
    3. 構成プロファイルを書き込む環境設定ドメインを選択します。
    4. ファイルフォーマットを選択します。

      .mobileconfig ファイルを選択した場合、Payload Configuration Profile Data (Payload 構成プロファイルデータ) セクションへの入力を完了する必要があります。

    5. Save (保存) をクリックします。

パスワード検証のテスト

Jamf Connect がパスワードの検証や同期に使用するリソース所有者パスワード許可 (ROPG) が正しく構成されていることを確認するには、次の手順を実行します:

  1. Jamf Connect Configuration で、Test (テスト) > ROPG をクリックします。
  2. 有効なユーザ名およびパスワードを入力してから、Sign In (サインイン) をクリックします。
    次のどれかが起こります。
    • 認証に成功すると、構成は機能し、保存する準備が整います。

    • 認証できない場合、構成に追加の設定が必要であるか、エラーが含まれています。設定を確認し、テストプロセスを繰り返します。

  3. 構成プロファイルを保存してエクスポートします。
    1. File (ファイル) をクリックします。
    2. メニューバーの Save (保存) をクリックします。
    3. 構成プロファイルを書き込む環境設定ドメインを選択します。
    4. ファイルフォーマットを選択します。

      .mobileconfig ファイルを選択した場合、Payload Configuration Profile Data (Payload 構成プロファイルデータ) セクションへの入力を完了する必要があります。

    5. Save (保存) をクリックします。