状態設定とユーザステータス

Jamf Connect's の状態設定を介して、App とユーザのステータス設定を追跡できます。これらの設定は com.jamf.connect.state 環境設定ドメインに格納され、以下が含まれます:

  • ユーザ情報

    クラウドアイデンティティプロバイダ (IdP) におけるユーザの表示名称やメールアドレスなどのユーザ属性。

  • パスワード情報

    Active Directory 内のパスワードの有効期限やパスワードの複雑度要件などのユーザのパスワード設定の詳細。

  • App 情報

    ユーザが App を起動したかどうか、最終サインインのタイムスタンプ、App の通知などの、Jamf Connect のプロセスの詳細。

    コンピュータで Jamf Connect の状態設定を確認するには、以下のコマンドを実行してください:

    defaults read com.jamf.connect.state

Jamf Connect の状態設定を確認する際には、以下のことに注意してください:

  • 状態設定は、ユーザが構成や編集をしてはいけません。これらの設定を手動で変更すると、Jamf Connect の予期しない動作を引き起こす場合があります。

  • 状態設定は、所属する会社組織のクラウドアイデンティティプロバイダ (IdP)、またはActive Directory ドメインから取得されます。Jamf Connect で見つからない値は、状態設定の環境設定ドメインでは使用できません。

Jamf Connect 拡張機能の属性

Jamf Pro を使用する場合は、Jamf Connect 拡張属性テンプレートを使用して、Jamf Pro を使用しているコンピュータから Jamf Connect データを収集することができます。Jamf Connect 拡張属性テンプレートを使用すると、コンピュータの Jamf Connect 状態設定からデータが収集されます。

Jamf Pro のテンプレートから拡張属性を作成する方法については、Jamf Pro 管理者ガイドコンピュータの拡張属性 セクションを参照してください。

Jamf Connect 状態設定

以下の表には、Jamf Connect 状態設定がすべて記載されています。

重要:

Jamf Connect 状態設定を構成または編集しないでください。これらの設定を手動で変更すると、Jamf Connect の予期しない動作を引き起こす場合があります。

キー

説明

ADExpiration

ユーザのネットワークパスワードの有効期限が切れる日付

DisplayName

ご利用のアイデンティティプロバイダ (IdP) 内のユーザの完全な名称

ExpirationWarningLast

最後のパスワード有効期限通知のタイムスタンプ

FirstRunDone

ユーザが Jamf Connect を少なくとも 1 回開いたかどうかを確認する boolean 値

LastCertificateExpiration

ユーザが使用する最後の Windows CA 証明書の有効期限を示すタイムスタンプ

LastSignIn

Jamf Connect で最後にサインインに成功した時のタイムスタンプ

PasswordLength

ユーザのネットワークパスワードの長さの要件

PasswordCurrent

ユーザのネットワークパスワードとローカルのパスワードが同期しているかどうかを確認する boolean 値。

UserEmail

ユーザのメールアドレス

UserFirstName

ユーザのファーストネーム

UserGroups

ご利用のアイデンティティプロバイダ内のユーザのグループメンバー

UserLastName

ユーザのラストネーム

UserLoginName

コンピュータ上で最後に Jamf Connect にサインインしたユーザのネットワークユーザ名

UserShortName

ユーザの省略名

CustomShortName

Jamf ConnectAskForShortName の環境設定を介してユーザが入力した省略名

UserUPN

ユーザの UPN

UserCN

ユーザのCN。この値は、Kerberos が Jamf Connect で構成されている場合にのみ表示されます。

ComputedPasswordExpireDate

ユーザの Active Directory パスワードの有効期限が切れる日付。この値は、Kerberos が Jamf Connect で構成されている場合にのみ表示されます。

UserPasswordSet

ユーザがパスワードを設定した最終日付。この値は、Kerberos が Jamf Connect で構成されている場合にのみ表示されます。

UserHomeDirectory

ユーザのホームディレクトリ。この値は、Kerberos が Jamf Connect で構成されている場合にのみ表示されます。

UnlockInUse

ユーザが Jamf Unlock app を使用しているかどうかを確認するための boolean 値。

Jamf Connect が使用する変数

変数を使用してJamf Connect構成プロファイルJamf Connectで特定のユーザ情報を参照することができます。次の変数を認識:

変数置換される値Jamf Connect が参照する環境設定ドメン
<<domain>>Kerberos レルムcom.jamf.connect
<<serial>>コンピュータのシリアル番号--
<<fullname>>DisplayName の値com.jamf.connect.state
<<shortname>>

LDAP UserShortName の値

注:

Kerberos で CustomShortName の値を使用するように構成している場合、Jamf Connect は代わりにその値を参照します

com.jamf.connect.state
<<upn>>LDAP UserUPN の値com.jamf.connect.state
<<email>>LDAP UserEmail の値com.jamf.connect.state
注:

テキストエディタを使用して構成を手動で作成する場合、左角括弧の記号「<」を「&lt」に、右角括弧の記号「>」を「&gt」に置換し、XML が正しく解析されるようにします。Jamf Connect Configuration がこれらの記号を自動的に置換します。