Jamf Connect アップデート

新しいバージョンの Jamf Connect が利用可能になると、Jamf Pro は選択した Update Type (アップデートタイプ) 設定を使用して、構成プロファイルの Scope (適用範囲) 内にあるコンピュータの自動アップデートを行います。

注: 新しいバージョンの Jamf Connect に構成対象となる新しい設定が導入されていない場合、Jamf Connect 構成プロファイルをアップデートする必要はありません。

次のタイプのアップデートを設定できます。

  • メンテナンスScope のコンピュータにメンテナンス (1.0.1 など) アップデートを自動的に展開します。
  • マイナー & メンテナンスScope のコンピュータにマイナーとメンテナンス (1.1.0 や 1.0.1 など) アップデートを自動的に展開します。
  • 手動

    Scope のコンピュータにのみ選択したバージョンを展開し、将来のアップデートを自動的に展開しません。

  • なし選択したバージョンは、対象範囲にあるまだ Jamf Connect がインストールされていないコンピュータにだけ展開します。既に Jamf Connect がインストールされているコンピュータには、アップデートは行われません。
例:

Jamf Connect の最新バージョンを展開すると、将来のアップデートが自動的に展開されます。

例:

コンピュータに特定のバージョンの Jamf Connect だけを展開し、将来のアップデートは自動的に展開されません。

例:
  • Jamf Connect の旧バージョンの展開を選択して、同時に新バージョンへのアップデートのために Jamf Pro を即座に起動するアップデートタイプを選択した場合、以下のエラーが表示されます。

  • 現在インストールされているバージョンよりも古い Jamf Connect バージョンの展開を選択した場合、以下のエラーが表示されます。