Jamf Connect 展開計画

構成プロファイルを作成して Jamf Connect PKG を展開する前に、環境で使用する Jamf Connect 機能について入念に計画する必要があります。目的によっては、Jamf Connect と並行して展開する追加のファイルを用意してパッケージ化する必要があります。

以下に示すユーザの一般的な目的、対応する Jamf Connect 機能、それらのファイル要件を考慮してください。
ユーザの目標 Jamf Connect 機能 ファイル要件 
コンピュータの登録プロセスに関する情報がユーザに表示される自動デバイス登録の実行時に、スプラッシュ画面が表示されます。 通知画面 通知スクリプト 
ユーザがコンピュータにアクセスする前に、利用規約に同意するよう求めます。 利用規約画面 利用規約ドキュメントまたは Apple ポリシーバナー 
Jamf Connect ログインウィンドウとメニューバー App にある、オーガニゼーション用にカスタマイズしたブランディングを表示します。 
  • ログインウィンドウとメニューバー App のロゴおよびアイコン 
  • ログインウィンドウの背景画像
画像ファイル 
ログインウィンドウの Help (ヘルプ) ボタンをクリックすると、ネットワーク接続の問題に関する追加のヘルプを確認できます。 ログインウィンドウのローカルヘルプファイル ヘルプファイル

Jamf Connect 展開ニーズを計画する

Jamf Connect の展開プロセスを続ける前に、以下の計画手順を完了していることを確認します:

  1. お使いの環境で Jamf Connect を使用して構成する関連ワークフローと設定を決定します。 
  2. Jamf Connect の展開をサポートするために必要なすべてのファイルを特定または作成します。以下に例を示します: 
    • カスタムログインウィンドウの画像 

    • カスタムメニューバー App の画像 

    • 利用規約のファイル 

    • ユーザヘルプのファイル 

    • 通知画面スクリプト 

    • メニューバー App スクリプト

Jamf Connect 展開を計画した後、Composer でファイルと画像をパッケージ化する を続行してカスタムファイルをパッケージ化します。

展開方法

既に Jamf Pro に登録されている既存のコンピュータに展開するか、Automated Device Enrollment (自動デバイス登録) 経由で新規コンピュータに展開するかによって、以下のいずれかの展開方法を採用できます。

  • 既存のコンピュータ

    Jamf ProJamf Connect 展開の統合を使用して、展開とアップデートを設定し、構成プロファイルの Scope (適用範囲) 内のコンピュータに Jamf Connect パッケージを自動的に展開します。

    注:

    また、お使いの環境のコンピュータが Active Directory にバインドされたモバイルアカウントである場合、Jamf Connect を使用して、それらをローカルアカウントに変換 (バインド解除) する必要があります。詳細については、ナレッジベース資料「Demobilizing and Unbinding Mobile Accounts with Jamf Connect and Jamf Pro (Jamf Connect と Jamf Pro のモバイルアカウントのモバイル化の解除とバインドの解除)」をご参照ください。

    Jamf Pro での展開の統合の詳細については、「Jamf Pro での Jamf Connect 構成プロファイル」をご参照ください。
  • 新規コンピュータ

    Jamf Connect パッケージ、展開設定に必要な追加のカスタムファイル、画像を含む PreStage Enrollment を作成します。Automated Device Enrollment (自動デバイス登録) 中にカスタムファイルのパッケージと Jamf Connect パッケージを正しい順序でインストールするために、Jamf Connect パッケージを手動で Jamf Pro にアップロードして、登録パッケージとして含めることをお勧めします。

    登録が完了したら、構成プロファイル用の Jamf Connect アップデート設定を使って今後のアップデートを管理できます。