インストレーションとライセンシング

Jamf Connect のサブスクリプションには、以下のファイルとアセットが含まれます。

  • Jamf Connect インストーラ PKG

  • 起動エージェント PKG

  • Jamf Connect ライセンス構成プロファイル

インストレーションファイル

Jamf Connect PKG は以下をコンピュータにインストールします。
JamfConnectLogin.bundle
  • /Library/Security/SecurityAgentPlugins/JamfConnectLogin.bundle
  • /usr/local/lib/pam/pam_saml.so.2
Jamf Connect.app
/Applications/Jamf Connect.app

起動エージェント

Jamf Connect DMG は、コンピュータにインストールできる PKG 形式の起動エージェントを含みます。インストールすると、コンピュータ上で Jamf Connect のメニューバー App が自動的に開きます。ユーザが App を閉じたり、App が予期せず終了したりすると、App は再度自動的に開きます。

PKG 形式の起動エージェントをダウンロードするには、Jamf Connect DMG を開き、Resources (リソース) をクリックし、JamfConnectLaunchAgent.pkg ファイルをダウンロードしてローカルでインストールするか、MDM ソリューションを介して展開してください。

Jamf Connect ライセンス

Jamf Connect ライセンスを Jamf Connect のパッケージと構成プロファイルで展開する必要があります。ライセンスキーは Jamf カスタマーサクセスマネージャーにより提供され、同じライセンスキーを、お使いの環境で使用されているすべての Jamf Connect コンポーネント (ログインウィンドウおよびメニューバー App) に使用できます。

注:

ライセンスファイルを展開しないと、Jamf Connect がトライアルモードで実行されます。これは、バージョンの公開日時の 30 日後に有効期限が切れます。

Jamf Pro を利用している場合には、以下の手順に従って、ライセンスファイルをアップロードして展開してください。

  1. Jamf Connect ライセンスファイルを Jamf カスタマーサクセスマネージャーから入手します。
  2. Jamf Pro で、ページトップの Computers (コンピュータ) をクリックします。
  3. サイドバーの Configuration Profiles (構成プロファイル) をクリックします。
  4. Upload (アップロード) をクリックします。
  5. ライセンスファイルを Jamf Pro へアップロードします。
  6. ライセンスファイルに名前をつけます。

    名前に年月日を含めることを推奨します。

  7. Scope タブをクリックし、プロファイルの適用範囲を設定します。

    Scope (適用範囲) には、オーガニゼーションで Jamf Connect を使用しているすべてのコンピュータを含める必要があります。

  8. Save (保存) をクリックします。

次回 Jamf Pro と通信する際、Scope に含まれるコンピュータへライセンスが配布されます。

ライセンスを更新するには、古いライセンスを Scope (適用範囲) から削除してから、上記の手順を繰り返して、新しいライセンスをアップロードして展開します。

免責事項

弊社はライセンス使用に関するハッシュ化されたデータを収集する場合があります。このデータは、組織で Jamf Connect を使用しているライセンスの数を監視する目的で使用され、これには個人情報は一切含まれません。