アイデンティティプロバイダ統合

Jamf Connect を構成して展開する前に、Jamf Connect をクラウドアイデンティティプロバイダ (IdP) と統合する必要があります。

IdP と統合すると、Jamf Connect を備えたコンピュータで次の重要なタスクを実行できます:

  • ローカルアカウントの作成

  • コンピュータで継続的にネットワーク認証を管理します

  • ユーザのローカルパスワードとネットワークパスワードを継続的に同期します。

Okta と統合するために、Jamf Connect は Okta の認証 API を使用します。

OpenID Connect 認証を使用して IdP と統合するには、一般的に以下のワークフローが使用されます:

  1. IdP に Jamf Connect Login を App として追加する

    本ガイドに示す IdP 固有の手順に従い、App を IdP に追加します。App を追加するとクライアント ID が生成されます。これは、Jamf Connect を構成するために使用されます。

  2. ユーザを割り当ててユーザの役割を指定する

    必要に応じて、ユーザまたは役割を App に追加します。役割を構成することで、アカウント作成時にユーザを「管理者」ユーザまたは「標準」ユーザのどちらで作成するかを決定できます。認証の関連情報については、本ガイドの該当のセクションをご参照ください。