Jamf Connect 2.0.0 以降へのアップグレード

Jamf Connect 2.0.0 は、Jamf Connect の構成方法やユーザへの展開方法に大きな変更を加えています。構成や展開に影響を及ぼす主な変更には次のものがあります。

  • Jamf Connect が単一のインストーラパッケージになりました

  • Jamf Connect のメニューバー App である Jamf Connect の Sync と Verify が統一され、単一のメニューバー App になりました。

  • 統一された Jamf Connect メニューバー App には新しい環境設定ドメインとサポートされている環境設定キーがあります。

これらの大きな変更により、Jamf Connect 2.0.0 にアップグレードすると、一部の追加の構成と管理のタスクにより正常な展開が保証されます。

ご使用の環境に Jamf Connect 1.19.2 以前を展開した場合、次の手順を利用して、Jamf Connect 2.0.0 にアップグレードできます。

  1. スマートコンピュータグループを作成して、アップグレードプロセスを管理してください。スマートグループの基準を構成して Jamf Connect 2.0.0 をインストールしているコンピュータのみを含めた後に、新しい構成プロファイルの Scope にスマートグループを含めることができます。

  2. ログインウィンドウのための既存の構成プロファイルを確認してください。変更を加える必要がある場合は、ログインウィンドウに対して新しい構成プロファイルを作成してください。

  3. メニューバー App に対して新しい構成プロファイルを作成してください。

  4. Jamf Connect PKG を Jamf Pro にアップロードしてください。

  5. Jamf Connect PKG を展開するポリシーを作成してください。

一般的な要件

  • Jamf Connect 2.0.0 DMG Jamf Connect DMG をダウンロードするには、Jamf Nation の「My Assets (マイアセット)」ページに移動してください。

  • Jamf Connect 2.0.0 でリリースされる主な変更の理解

    詳しくは、Jamf Connect リリースノート を参照してください。

  • Jamf Pro または別の MDM ソリューション。

スマートコンピュータグループを作成してアップグレードプロセスを管理

スマートコンピュータグループを作成して、構成プロファイルを Jamf Connect 2.0 のあるコンピュータに展開してください。

  • スマートグループに分かりやすい名前を付けてください。たとえば、「Jamf Connect 2.0.0 インストール済み」などです。

  • Jamf Connect 2.0.0 がインストールされているコンピュータだけが含まれるように、スマートグループの基準を構成してください。

  • 基準「アプリケーションタイトル」を使用して、Jamf Connect.app を値として入力してください。基準は次のように表示されるはずです。

  • Jamf Connect 1.19.2 以前に対する構成プロファイルがある場合、古い構成プロファイルの Scope を編集して、新しいスマートグループを除外物として使用してください。これにより、Jamf Connect 2.0.0 の展開時に、古い構成プロファイルがコンピュータから確実に削除されます。

手順については、Jamf Pro 管理者ガイド「スマートグループ」を参照してください。

ログインウィンドウのための既存の構成プロファイルを確認

Jamf Connect 2.0.0 ログインウィンドウの環境設定キーは、Jamf Connect 1.19.2 以前のものと似ています。ご使用の環境で使用されている設定に応じて、いくつかの変更をログインウィンドウの現在の構成プロファイルに加える必要がある場合があります。

次のいずれかを使用して、ログインウィンドウ構成プロファイルを確認できます。

構成プロファイルを確認するときには、次のことを確認してください。
  • ログインウィンドウ構成プロファイルが com.jamf.connect.login 環境設定ドメインに書き込まれていることを確認してください。
  • クラウドアイデンティティプロバイダとの認証が正常に行われるようにしてください。テストコンピュータでのローカルのテスト認証、VM でのテスト認証、Jamf Connect 構成のテスト機能でのテスト認証。
  • インストール後に authchanger 引数を実行するために Jamf Pro を構成しなかった際にログインウィンドウを有効にする場合、OIDCProvider または AuthServer 環境設定キーが構成プロファイルに含まれていることを確認してください。Jamf Connectはこれらの設定を探して、authchanger を自動的に実行することにより、ログインウィンドウを有効にします。authchanger の引数が以前インストールで使用されていない場合にです。

既存の構成プロファイルで変更が必要な場合、既存の構成プロファイルの編集より、新しい構成プロファイルの作成を行うことが推奨されます。これにより、古い構成プロファイルで使用された設定が Jamf Connect 2.0 が展開されるまではコンピュータで使用されないことが保証されます。新しい構成プロファイルの Scope に前に作成された Jamf Connect 2.0.0 スマートグループが含まれていることを確認してください。

メニューバー App に対して新しい構成プロファイルを作成

Jamf Connect 2.0.0 は Jamf Connect Sync App と Jamf Connect Verify App を組み合わせて「Jamf Connect」という単一の App に統合しています。両方の App の環境設定も組み合わされ、名前が変更されています。

結果として、次の方法のいずれかで新しい構成プロファイルを作成する必要があります。次のいずれかを利用して、ログインウィンドウ構成プロファイルを確認できます。

構成プロファイルを確認するときには、次のことを確認してください。
  • ログインウィンドウ構成プロファイルが com.jamf.connect 環境設定ドメインに書き込まれていることを確認してください。
  • クラウドアイデンティティプロバイダとの認証が正常に行われるようにしてください。テストコンピュータでのローカルのテスト認証、VM でのテスト認証、Jamf Connect 構成のテスト機能でのテスト認証。
  • 新しい構成プロファイルの Scope に前に作成された Jamf Connect 2.0.0 スマートグループが含まれていることを確認してください。

Jamf Connect 2.0.0 以降のアップロードと展開

Jamf Connect のメジャーアップグレードを完了するには、パッケージを Jamf Pro にアップロードして、ターゲットコンピュータへ展開するためのポリシーを利用する必要があります。

要件
  • スマートグループを作成して、アップグレードプロセスを管理してください。

  • ログインウィンドウのための既存の構成プロファイルを確認してください。

  • メニューバー App に対して新しい構成プロファイルを作成してください。

Jamf Connect のアップグレードを Jamf Connect 1.19.3 以前のコンピュータで展開するには、PKG を Jamf Pro にアップロードして、ターゲットコンピュータに展開するポリシーを利用してください。

ポリシーがコンピュータで実行されると、次のことが起こります。

  • Jamf Connect 2.0.0 がインストールされます。

    注: Jamf Connect 2.0.0 パッケージインストーラが、Jamf Connect Sync や Verify が前に展開されている場合は、それらを自動的にコンピュータから削除します。

  • コンピュータが Jamf Connect 2.0.0 スマートグループメンバーシップに追加されます。

  • 新しい構成プロファイルが展開され、古い構成プロファイルが削除されます。