メニューバーアクション項目をカスタムする

Jamf Connect では、メニューバーアプリにカスタムアクション項目を作成することができます。これらの項目は、コンピュータのバックグラウンドで URL を開いたり、任意のスクリプトを実行したりすることができ、ユーザにとって強力かつ便利なさまざまなリソースを作成することができます。カスタムメニューバーのアクション項目は、以下のドメインに書かれた追加の構成プロファイルを展開することで、Jamf Connect のメニューバー App に追加されます。

com.jamf.connect.actions

メニューバーの項目を作成して、以下のいずれかを実行することができます。

  • コンピュータを VPN に接続する

  • メニューバーにネットワーク情報を表示する

  • ウェブブラウザで組織のウェブサイトを開く

  • MDM ソリューションによって展開されたメンテナンスポリシーを実行するスクリプトを実行する

アクション項目の構成プロファイル例

<plist version="1.0">
    <dict>
        <key>PayloadType</key>
        <string>構成</string>
        <key>PayloadDisplayName</key>
        <string>Jamf Connect アクション</string>
        <key>PayloadDescription</key>
        <string>Jamf Connect アクション</string>
        <key>PayloadOrganization</key>
        <string>Jamf</string>
        <key>PayloadUUID</key>
        <string>27870006-41CB-4694-A6AD-709073670851</string>
        <key>PayloadEnabled</key>
        <true/>
        <key>PayloadScope</key>
        <string>システム</string>
        <key>PayloadRemovalDisallowed</key>
        <true/>
        <key>PayloadIdentifier</key>
        <string>com.jamf.connect.actions</string>
        <key>PayloadVersion</key>
        <integer>1</integer>
        <key>PayloadContent</key>
        <array>
            <dict>
                <key>PayloadType</key>
                <string>com.jamf.connect.actions</string>
                <key>PayloadDisplayName</key>
                <string>Jamf Connect アクション</string>
                <key>PayloadDescription</key>
                <string>Jamf Connect アクション設定</string>
                <key>PayloadOrganization</key>
                <string>Jamf</string>
                <key>PayloadUUID</key>
                <string>98B42AF5-4040-47D1-9F6F-A0E1D7FBFC26</string>
                <key>PayloadVersion</key>
                <integer>1</integer>
                <key>PayloadIdentifier</key>
                <string>com.jamf.connect.actions</string>
                <key>Version</key>
                <integer>1</integer>
                <key>Actions</key>
                <array>
                    <dict>
                        <key>Title</key>
                        <dict>
                            <key>Command</key>
                            <string>パス</string>
                            <key>CommandOptions</key>
                            <string>/usr/sbin/ipconfig getifaddr en0</string>
                        </dict>
                        <key>ToolTip</key>
                        <string>プライマリ IP アドレス</string>
                        <key>Name</key>
                        <string>en0</string>
                    </dict>
                    <dict>
                        <key>Name</key>
                        <string>ホスト名</string>
                        <key>Title</key>
                        <dict>
                            <key>Command</key>
                            <string>パス</string>
                            <key>CommandOptions</key>
                            <string>/bin/hostname</string>
                        </dict>
                    </dict>
                    <dict>
                        <key>Name</key>
                        <string>区切り子</string>
                    </dict>
                    <dict>
                        <key>Action</key>
                        <array>
                            <dict>
                                <key>Command</key>
                                <string>url</string>
                                <key>CommandOptions</key>
                                <string>https://www.jamf.com</string>
                            </dict>
                        </array>
                        <key>Name</key>
                        <string>ブラウザで jamf.com を開きます</string>
                    </dict>
                    <dict>
                        <key>Action</key>
                        <array>
                            <dict>
                                <key>Command</key>
                                <string>app</string>
                                <key>CommandOptions</key>
                                <string>/System/Applications/Calculator.app</string>
                            </dict>
                        </array>
                        <key>Name</key>
                        <string>macOS Calculator を開きます</string>
                    </dict>
                </array>
            </dict>
        </array>
    </dict>
</plist>

アクション項目の環境設定キーリファレンス

com.jamf.connect.actions ドメイン内では、以下の環境設定キーがメニューの動作を決定します。各項目で必須な部分はその名前だけであり、他のすべての部分はオプションです。メニューバー項目を作成する際には、次の点を考慮してください。

  • どのコマンドも結果を次に渡すことができます。コマンドオプションとして <<result>> を使用すると、前のコマンドの結果でそれが置き換えられます。

  • true または false の結果は、次のコマンドに渡されません。

  • コマンドの最後に true または false を追加すると、前に実行したコマンドがそれに応じて返す場合にのみ、そのコマンドが実行されます。例えば、コマンド名として alertTrue を使用すると、前に実行したコマンドが true を返した場合にのみ、alert コマンドが実行されます。

注:

結果の状態は永続的であり、単一の結果に応じて複数のコマンドを実行するかどうかを指定することができます。例えば、true の結果が false 修飾子がコマンド名に付加されたシーケンスコマンドに渡された場合、それらのコマンドはどれも実行されません。

グローバル環境設定

次の表には、カスタムメニューバーアクション構成プロファイルのグローバル環境設定が含まれています。

属性

説明

タイプ

必須

Version

環境設定ファイルの数値バージョン。現在、1 のみがサポートされています

Integer (整数)

はい

MenuIcon

Action メニューにステータスアイコン (緑色、黄色、または赤色) を表示するかどうかを決定します

注:

MenuIcon は、サブメニューのすべての項目の中で「最高」レベルのアラートを基準として、メインの Action メニューの横に緑色、黄色、または赤色のアイコンを表示します。たとえば、赤いアイコンを表示するサブメニューのアクションが表示されている場合、メインのメニューには赤色のアイコンが表示されます。表示されているサブメニューのアクションは黄色のアイコンが表示され、赤色のアイコンがない場合、メインのメニュー項目には黄色のアイコンが表示されます。

Boolean (ブーリアン)

いいえ

MenuText

true に設定すると、Jamf Connect では、コマンドの結果がメニュー項目のテキストとして使用されます。

注:

MenuText では、<<menu>> の後に自分のメニューが続いた結果を返すコマンドが必要です。<<menu>> を含んだ結果を返す最後のコマンドは、メニュータイトルが何であるかを決定します。

Boolean (ブーリアン)

いいえ

アクションの内容

属性

説明

タイプ

必須

Name

アクションの名称

String (文字列)

はい

Title

メニューバーに項目を表示するために使用するテキスト

注:

指定されない場合、タイトルとして Name が使用されます。

Dictionary

いいえ

Show

項目がメニューに表示されるかどうかを決定します

注:

メニュー項目を表示するには、Show コマンド内のすべてのコマンドが true を返す必要があります。

Array (アレイ)

いいえ

Action

アクションが記載されます

 

Array (アレイ)

いいえ

Post

アクションが実行された後に何が起こるかを決定します。

Array (アレイ)

いいえ

GUID

アクションの固有 ID

String (文字列)

いいえ

Connected

Active Directory ドメインに接続されたときにのみアクションセットを実行するかどうかを決定します

Boolean (ブーリアン)

いいえ

Timer

アクションを実行する分単位の間隔

Integer (整数)

いいえ

 

ToolTip

メニュー項目の上にマウスポインタを乗せたときに表示されるテキスト

String (文字列)

いいえ

Separator

メニューバーに視覚的なセパレータバーを作成します

 

 

コマンド

Jamf Connect には、アクション項目の実行に使用できる内蔵コマンドがあります。コマンドについては以下の点を考慮してください。

  • すべてのオプションは文字列です。

  • すべてのコマンドは結果を返すことができます。

  • 結果はコマンド間で変わります。

  • CommandOptions は、<<domain>><<user>><<email>> など、標準の Jamf Connect 変数をサポートします。

  • コマンドは大文字と小文字を区別します。

コマンド

機能

コマンドオプション

path

特定のファイルパスでバイナリを実行する

実行するパス

app

特定のファイルパスでアプリケーションを開く

アプリケーションを開くパス

url

ユーザのデフォルトブラウザで URL を開く

開く URL

ping

ホストを ping する

ping するホスト

adgroup

現在のユーザが Active Directory グループのメンバーであるかどうかを判断する

テストするグループ

alert

ユーザにモーダルダイアログを表示する

 

アラートテキスト

注:

コマンドオプションが空欄の場合、あるいは「true」または「false」のいずれかの場合、アラートは表示されません。これはエラーのみを表示するために使用できます。

notify

通知センターに通知を表示する

 

通知テキスト

注:

コマンドオプションが空欄の場合、あるいは「true」または「false」のいずれかの場合、通知は表示されません。これはエラーのみを表示するために使用できます。

false

常に false を返すコマンド。これは、コマンドセット内の以前の結果をクリアするために使用できます

テキスト

true

常に true を返すコマンド。これは、コマンドセット内の以前の結果をクリアするために使用できます

テキスト