Jamf Pro の拡張属性を使用して Unlock App の使用状況を収集する

Jamf Pro でコンピュータの拡張属性を作成し、認証に Jamf Unlock app を使用しているユーザがどのコンピュータに存在するかを監視することができます。

この拡張属性は、com.jamf.connect.state 環境設定ドメインの UnlockInUse キーを使用して、Jamf Pro にインベントリ情報を保存します。

Jamf Pro で、Settings (設定) > Computer Management (コンピュータ管理) > Extension Attributes (拡張属性) に移動し、以下のスクリプトを使用するコンピュータの拡張属性を新規作成します。

#!/bin/sh

#Get current signed in user
currentUser=$(ls -l /dev/console | awk '/ / { print $3 }')

#com.jamf.connect.state.plist location

 jamfConnectStateLocation=/Users/$currentUser/Library/Preferences/com.jamf.connect.state.plist
 UnlockInUse=$(/usr/libexec/PlistBuddy -c "Print :UnlockInUse" $jamfConnectStateLocation || echo "Does not exist")
echo "UnlockInUse"
echo "<result>$UnlockInUse</result>"