利用規約

Jamf Connect を使用して、ログインウィンドウに利用規約を表示できます。ユーザはコンピュータにアクセスする前に利用規約に同意する必要があります。

利用規約の合意書は次の方法で表示され、Jamf Connect では次の順番で検索します:
  • Apple ポリシーバナー

    Apple ポリシーバナーが構成されている場合、Jamf Connect は利用規約画面にポリシーバナーのコンテンツを表示します。Jamf ConnectJamf Connect は、「PolicyBanner」という名のファイルに対して自動的に /Library/Security を検索し、このファイルを表示します。Jamf Connect でのこのファイルの検知と表示のための追加の設定は不要です。Apple ポリシーバナーの詳細については、Apple のサポートウェブサイト How to set up policy banners in macOS (macOS でポリシーバナーを設定する方法) を参照してください。

  • カスタムファイルのアップロード

    カスタムファイルのアップロード — 利用規約のコンテンツが含まれているカスタムファイルを保存して、ファイルパス値で Acceptable Use Policy Document (利用規約ドキュメント) (EULAFilePath) を設定できます。

  • ログインウィンドウの構成プロファイル

    利用規約のタイトル (EULATitle)、Acceptable Use Policy Subtitle (利用規約のサブタイトル) (EULASubTitle)、および Acceptable Use Policy Text (利用規約のテキスト) (EULAText) を使用して、すべてのテキストをログインウィンドウの構成プロファイルに直接保存することができます。

Jamf Connect を使用して利用規約合意書を構成する際は以下の点に注意してください:

  • Apple ポリシーバナーまたは Acceptable Use Policy Document (利用規約文書) 設定を使用する場合、対応するファイルのタイプは PDF、TXT、RTF、RTFD です。

  • 複数の手法が設定されている場合、Jamf Connect は上記の優先順位に従って、1 つの手法で本文を表示します。利用規約のタイトル (EULATitle) と Acceptable Use Policy Subtitle (利用規約のサブタイトル) (EULASubTitle) は、構成済みの場合は常に表示され、Apple ポリシーバナーやカスタムファイルのサポートに使用できます。