Jamf Connect について

Jamf Connect は、管理者がユーザのローカル macOS アカウントと組織のクラウド ID (ネットワークアカウント) を接続して認証を管理できる App です。Jamf Connect には次の 2 つの主要なコンポーネントが含まれています。

  • ログインウィンドウ

  • メニューバー App

ログインウィンドウ

ログインウィンドウは、デフォルトの macOS ログインプロセスとログインウィンドウ UI を変更する認証プラグインです。

ログインウィンドウを使用すると、コンピュータ上で以下のタスクを行うことができます:

  • クラウドアイデンティプロバイダ (IdP) で Mac に対する認証を有効にします

  • 多要素認証 (MFA) の要件を実施します

  • Apple プロビジョニングワークフロー中にローカルアカウントを作成します

  • FileVault を有効にします

  • ユーザのネットワークアカウントと既存のローカルアカウントをリンクします

  • モバイルアカウントをローカルアカウントへ変換します (モバイル化の解除)

  • カスタムブランディングを表示する

メニューバー App

メニューバー App を使用することで、ユーザがネットワークとローカルのパスワードを簡単に管理することができます。

メニューバー App を使用すると、以下のタスクを行うことができます:

  • ローカルアカウントとネットワークアカウントのパスワードを常に同期させる

  • Kerberos レルムが指定されている場合、Kerberos チケットを取得する
    注:

    Kerberos 認証の際、コンピュータはオンプレミスの Active Directory ドメインコントローラに接続する必要があります。

  • Mac コンピュータを Jamf Unlock app がインストールされたモバイルデバイスとペアリングします。

  • キーチェーン項目のパスワードをネットワークアカウントと同期する

  • スクリプトを自動的にまたは指定されたスケジュールで実行する

  • ファイル共有へのアクセスを構成する

  • カスタムアクションを構成する

  • カスタムブランディングを表示する