Jamf Connect Sync の展開

インストレーション

Jamf が提供する署名済みパッケージインストーラを使用して、Jamf Connect Sync をインストールできます。このパッケージは有効な Apple Developer ID によって署名されており、Jamf Connect Sync をターゲットコンピュータの Applications フォルダにインストールします。

展開

優先する MDM ソリューションを使用して、お使いの環境内のターゲットコンピュータに Jamf Connect Sync を展開できます。

Jamf Connect Sync を展開するには、以下の手順に従ってください。

  1. Jamf Connect DMG を開き、次のインストーラーパッケージをダウンロードします。

    • Jamf Connect Sync

    • Jamf Connect Configuration

  2. Jamf Connect Sync 構成プロファイルを作成します。

    1. Jamf Connect Configuration を開きます。

    2. New (新規) をクリックします。

    3. Identity Provider (アイデンティティプロバイダ) ポップアップメニューから「Okta」を選択し、Auth Server (認証サーバ) フィールドに Okta 認証ドメインを入力します。

    4. (オプション) Advanced Setup (詳細設定) をクリックして、追加の設定を構成し、構成をテストします。詳細は、「Jamf Connect Configuration」を参照してください。

    5. Save (保存) をクリックして、Jamf Connect Sync の構成プロファイルを生成します。

  3. Jamf Connect Sync の構成プロファイルを MDM ソリューションにアップロードします。Jamf Pro を使用している場合は、「Custom Settings」ペイロードを使用します。
    カスタム構成プロファイルの詳細については、ナレッジベース資料「Deploying Custom Configuration Profiles using Jamf Pro (Jamf Pro を使用したカスタム構成ファイルの展開)」を参照してください。

  4. 入手したライセンスキーの構成プロファイルを MDM ソリューションにアップロードします。

    注: すべての Jamf Connect App で同じライセンスキーを使用できます。

  5. 手順 4 に続いて、アップロードしたプロファイルを、手順 3 でターゲットにしたのと同じコンピュータに適用します。

  6. Jamf Connect Sync 用の PKG ファイルを、優先する MDM ソリューションにアップロードします。

  7. 手順 6 に続いて、パッケージを展開するためのポリシーを作成し、そのポリシーをターゲットにしたコンピュータに適用します。

起動エージェント

ログイン時に Jamf Connect Sync を起動するように macOS に指示する起動エージェントをインストールできます。独自の XML ファイルを作成するか、製品ダウンロードに含まれている起動エージェントを使用できます。

注: それまで NoMad Pro がコンピュータにインストールされていた場合、起動エージェントは Jamf Connect Sync をインストールする前にこのアプリケーションをアンインストールします。

ライセンス

Jamf Connect Sync をアプリケーションと一緒に展開するには、有効なライセンスが必要です。Jamf のアカウントマネージャはライセンスキーの構成プロファイルを提供します。これは環境設定キー、または Jamf Connect Sync アプリケーションサポートフォルダ内のファイルとして展開できます。

ライセンス検出の優先順位は次のとおりです。

  1. Jamf Connect Sync の環境設定

  2. /Library/Application Support/com.jamf.connect.sync 内の .jamfconnectlicense ファイル

  3. ~/Library/Application Support/com.jamf.connect.sync 内の .jamfconnectlicense ファイル

注: 環境設定の構成プロファイルにライセンスを保管するには、ライセンスファイルを base64 形式に変換し、続いて構成プロファイル内の LicenseFile キーを使用する必要があります。

関連情報

  • Jamf Connect Configuration
    Jamf Connect Configuration App を使用して、構成プロファイルを作成およびテストする方法について学習します。

  • Jamf Connect Sync の構成
    Jamf Connect Sync のカスタマイズに使用できる環境設定キーについて学習します。

Copyright     個人情報保護方針     使用条件     セキュリティ
© copyright 2002-2019 Jamf. All rights reserved.