Jamf Pro からコンピュータの管理を解除する

コンピュータの登録を解除するかワイプする方法はいろいろあります。以下のワークフローは、両方を達成でき、多くの状況で適したソリューションとなっています。適用範囲として個別のコンピュータまたはコンピュータのグループをターゲットするように設定できます。

要件

ターゲットコンピュータと同じバージョンの macOS を実行しているComposer 付きのコンピュータ

注: ターゲットコンピュータはこのワークフローを使用するために macOS 10.13 以降を実行している必要があります。

手順

  1. ターゲットコンピュータと同じバージョンの macOS を実行しているComposer 付きのコンピュータで、Mac App Store から購入できる最新の macOS インストーラーをダウンロードしてください。Application (アプリケーション) フォルダにダウンロードされるはずです。

  2. macOS インストーラーをパッケージするには、次の手順を実行してください。

    1. Composer を開き、ローカル認証を実行します。

    2. macOS インストーラーを Application (アプリケーション) フォルダから Composer のサイドバーにドラッグします。インストーラーが Packages (パッケージ) の見出しの下に表示されます。

    3. ツールバーの Build as PKG (PKG として構築) をクリックします。

    4. パッケージを保存する場所を選択して Save (保存) をクリックします。

  3. Jamf Admin を使用して配布ポイントへパッケージをアップロードしてください。マスター配布ポイントがクラウドホスティングの場合は Jamf pro Web アプリケーションを使用してください。
    パッケージのアップロードの詳細は、Jamf Pro 管理者ガイドの「パッケージの管理」セクションを参照してください。

  4. Jamf Pro へログインします。

  5. ページトップの Computers (コンピュータ) をクリックします。

  6. Policies (ポリシー) をクリックします。

  7. New (新規) をクリックします。

  8. General (全般) ペイロードを構成するには、次の手順を実行してください。

    1. Display Name (表示名) フィールドにポリシーの名前を入力します。

    2. Trigger (トリガー) で、ポリシートリガー (Recurring Check-in など) を選択します。

    3. Execution Frequency (実行頻度) ポップアップメニューで、実行頻度 (コンピュータにつき 1 回など) を選択します。

  9. Packages (パッケージ) ペイロードを構成するには、次の手順を実行してください。

    1. サイドバーの Packages (パッケージ) をクリックします。

    2. Configure (構成) をクリックします。

    3. 手順 3 で作成した macOS インストーラーパッケージを見つけて、Add (追加) をクリックします。

  10. Files and Processes (ファイルとプロセス) ペイロードを構成するには、次の手順を実行してください。

    1. サイドバーの Files and Processes (ファイルとプロセス) をクリックします。

    2. 次のようなコマンドを Execute Command (コマンドの実行) フィールドに入力します。

      "/Applications/Install macOS High Sierra.app/Contents/Resources/startosinstall" --eraseinstall --newvolumename "Macintosh HD" --agreetolicense &

      注: 上記のコマンドの Startosinstall バイナリへのパスを、手順 2 で Composer に作成したパッケージソースのパスで交換する必要があります。

  11. Scope (適用範囲) タブをクリックしてから、ターゲットコンピュータまたはコンピュータグループを構成します。

  12. Save (保存) をクリックします。
    ターゲットコンピュータがワイプされ、手順 8 で構成されたポリシートリガーが指定する条件を満たす場合に macOS が再インストールされます。

  13. (オプション) デバイスレコードを削除するには、次のいずれかの手順を実行します。

    • Jamf Pro から単一のコンピュータレコードを削除するには:

      1. ページトップの Computers (コンピュータ) をクリックします。

      2. 簡易/アドバンスコンピュータ検索を実行してから、ターゲットコンピュータをクリックします。

      3. Management (管理) タブをクリックします。

      4. Delete (削除) をクリックします。
        Jamf Pro からコンピュータインベントリレコードが削除されます。

    • Jamf Pro からコンピュータグループレコードを削除するには:

      1. ページトップの Computers (コンピュータ) をクリックします。

      2. サイドバーのSmart Device Groups (スマートコンピュータグループ) または Static Device Groups (スタティックコンピュータグループ) をクリックしてから、ターゲットグループを選択することにより、ターゲットコンピュータグループへ移動します。

      3. View (表示) をクリックします。

      4. Action (アクション) をクリックします。

      5. Delete Computers (コンピュータを削除) を選択し、Next (次へ) をクリックします。

      6. Delete Computers (コンピュータを削除) をクリックします。
        Jamf Pro からコンピュータインベントリレコードが削除されます。

Copyright     個人情報保護方針     使用条件     セキュリティ
© copyright 2002-2019 Jamf. All rights reserved.