ポリシーを使用したソフトウェアアップデートの実行

ご利用のコンピュータが自動登録を介して Jamf Pro で登録されない場合、Jamf Pro のポリシーを使用してコンピュータの macOS をアップデートすることができます。ポリシーにより、管理されたコンピュータで共通した管理タスクをリモートで実行することができます。

: ご利用のコンピュータが自動登録を介して Jamf Pro で登録される場合、Mass Action (一括処理) を使用してコンピュータの macOS をアップデートすることができます。詳しくは、このワークフローの Mass Action (一括処理) を用いた macOS の更新 セクションを参照してください。

ソフトウェアアップデートのためのポリシーを作成

  1. Jamf Pro にログインします。

  2. ページトップの Computers (コンピュータ) をクリックします。

  3. Policies (ポリシー) をクリックします。

  4. New (新規) images/docs.jamf.com/10.12.0/jamf-pro/administrator-guide/images/download/thumbnails/19534257/Icon_New_Button.png をクリックします。

  5. 一般 payload を使用し、ポリシーの基本設定を構成します。

    1. Display Name (表示名) フィールドにポリシーの名前を入力します。

    2. Enabled (有効) チェックボックスを選択します。

    3. ポリシーをトリガするために Recurring Check-in (チェックインの再発) を選択します。

    4. Execution Frequency (実行頻度) ポップアップメニューから「Once every day (毎日一回)」を選択します。

    5. (オプション) ポリシーが実行していないときに構成するには、Client-Side Limitations (クライアント側制限) タブをクリックし、ポリシーを実行したくない日時を指定します。ユーザーとの干渉を避けるために、これをお勧めします。

  6. Software Updates (ソフトウェアアップデート) payload を選択し、Configure (構成) をクリックし、さらに Install Software Updates From (ソフトウェアアップデートのインストール元) ポップアップメニューから「Apple's Software Update Server (Apple のソフトウェアアップデートサーバー)」を選択します。

  7. Restart Options (再起動オプション) payload を選択し、コンピュータの再起動設定を構成します。

    1. Startup Disk (起動ディスク) ポップアップメニューから「Current Startup Disk (現行の起動ディスク)」を選択します。

    2. No User Logged in Action (有効なログインしているユーザーなし) ポップアップメニューから「 Restart if package or update requires it (パッケージまたはアップデートが必要とする場合再起動する)」 を選択します。

    3. User Logged in Action (有効なログインしているユーザー) ポップアップメニューから「 Restart if a package or update requires it (パッケージまたはアップデートが必要とする場合再起動する)」 を選択します。

      : ポリシーの実行時にユーザーがログインしている場合、それらは通知を受け取る必要があります。

  8. Scope (適用範囲) タブをクリックし、ポリシーの適用範囲を設定します。

    1. Targets (ターゲット) タブで Target Computers (ターゲットコンピュータ) ポップアップメニューから「Specific Computers (指定のコンピュータ)」を選択します。

    2. Add Deployment Targets (展開ターゲットを追加) から Add (追加) をクリックします。

    3. Computer Groups (コンピュータグループ)タブをクリックし、作成した Smart Device Group の隣の Add (追加) をクリックします。

  9. Save (保存) をクリックします。

コンピュータ上のポリシーは、次回 Jamf Pro へチェックインする際に一般 Payload の Critera (クライテリア) を満たす Scope (適用範囲) 内で実行されます。

Copyright     個人情報保護方針     使用条件     セキュリティ
© copyright 2002-2019 Jamf. All rights reserved.