Apple Business Manager および Apple School Manager との統合

このワークフローは、ゼロタッチデバイス登録の事前準備として Jamf Pro を Apple Business Manager および Apple School Manager と統合する方法を詳しく説明しています。Apple Device Enrollment (旧 DEP) の構成には、Jamf Pro から公開鍵をダウンロードし、Apple Business Manager または Apple School Manager からサーバトークンファイルを取得します。その後、Apple サーバトークンファイルを Jamf Pro へアップロードし、Device Enrollment インスタンスを作成します。

要件

Device Enrollment は以下のデバイスタイプに適しています。

  • Apple または Apple 正規販売代理店から購入したコンピュータ (macOS 10.9 以降)

  • Apple または Apple 正規販売代理店から購入した、あるいは Apple Configurator で追加されたモバイルデバイス (iOS 7 以降)

  • Apple または Apple 正規販売代理店から購入した Apple TV デバイス (第4世代以降、tvOS 10.2 以降)
    : ゼロタッチ展開エクスペリエンスのために、セットアップアシスタントの全ステップを自動スキップするには、Ethernet、電源、HDMI の接続が必要です。

本ガイドの指示に従ったコンピュータやモバイルデバイスの登録とコンテンツ配布には以下が必要です。

Jamf Pro からの公開鍵ダウンロード

Jamf Pro から公開鍵 (.pem) をダウンロードし、Apple Business Manager または Apple School Manager からサーバトークンファイルを取得します。

  1. Jamf Pro にログインし。

  2. ページ右上隅の Settings (設定) images/download/thumbnails/17105111/Settings_Icon.png をクリックします。

  3. Global Management (グローバル管理) をクリックします。

  4. Device Enrollment Program (デバイス登録プログラム) images/download/thumbnails/1868109/Device_Enrollment_Program.png をクリックします。

  5. Public Key (公開鍵) をクリックします。

    直ちに公開鍵 (.pem) がダウンロードされます。

サーバのトークンファイル入手

公開鍵 (.pem) 証明書ファイルを Jamf Pro からアップロードし、Apple Business Manager または Apple School Manager からサーバトークンファイルを取得できます。Apple Business Manager および Apple School Manager によって、Jamf Pro で管理するデバイスを選択できます。

Apple Business Manager

  1. Apple Business Manager へのサインイン:
    https://business.apple.com

  2. Settings (設定) をクリックします。

  3. デバイス管理設定 Payload を選び、Add MDM Server (MDM サーバを追加) をクリックします。

  4. サーバ名を入力します。

  5. Jamf Pro からダウンロードした公開鍵 (.pem) をアップロードします。

  6. Save (保存) をクリックします。

  7. 追加したばかりの Jamf Pro サーバを選択します。

  8. Edit (編集) をクリックします。

  9. デフォルトサーバ設定において、Jamf Pro の管理下に置きたいデバイスの横にあるチェックボックスを選択します。
    : これは Apple Business Manager へのデバイス追加前に実行する重要なステップです。

  10. Download Token (トークンのダウンロード) をクリックします。

Apple School Manager

  1. Apple School Manager へのサインイン:
    https://school.apple.com

  2. Settings (設定) をクリックします。

  3. デバイス管理設定 Payload を選び、Add MDM Server (MDM サーバを追加) をクリックします。

  4. サーバ名を入力します。

  5. Jamf Pro からダウンロードした公開鍵 (.pem) をアップロードします。

  6. Save (保存) をクリックします。

  7. 追加したばかりの Jamf Pro サーバを選択します。

  8. Edit (編集) をクリックします。

  9. デフォルトサーバ設定において、Jamf Pro の管理下に置きたいデバイスの横にあるチェックボックスを選択します。
    : これは Apple School Manager へのデバイス追加前に実行する重要なステップです。

  10. Download Token (トークンのダウンロード) をクリックします。

Device Enrollment インスタンスの構成

Apple から取得したサーバファイルトークンを使用し、Jamf Pro で Device Enrollment インスタンスを作成します。Device Enrollment インスタンスと関連付けられたデバイスのみ、PreStage Enrollment で Jamf Pro へ登録できます。

  1. Jamf Pro にログインし。

  2. ページ右上隅の Settings (設定) images/download/thumbnails/17105111/Settings_Icon.png をクリックします。

  3. Global Management (グローバル管理) をクリックします。

  4. Device Enrollment Program (デバイス登録プログラム) images/download/thumbnails/1868109/Device_Enrollment_Program.png をクリックします。

  5. New (新規) images/download/thumbnails/17105125/Icon_New_Button.png をクリックします。

  6. Device Enrollment インスタンスの表示名を入力します。

  7. Upload Server Token File (サーバトークンファイルのアップロード) をクリックし、Apple からダウンロードしたサーバトークンファイル をアップロードします。これによって Jamf Pro にプログラムインスタンスが 1 つ作成されます。サーバトークンファイルに含まれる情報が表示されます。

  8. Save (保存) をクリックします。

  9. 別のインスタンスを構成するには、ステップ 5~8 を繰り返します。

注: Jamf Pro では、1 つの Device Enrollment インスタンスに単一のサーバトークンファイルを割り当てます。

Copyright     個人情報保護方針     使用条件     セキュリティ
© copyright 2002-2019 Jamf. All rights reserved.