廃止および削除

廃止予定

このリリースで、以下の項目は廃止されました。
  • 条件付きアクセス用の Microsoft Azure AD グラフJamf は今後の Jamf Pro のリリースで、Microsoft の Azure AD Graph の廃止に伴い、条件付きアクセス用の Azure AD グラフのサポートを廃止する予定です (廃止予定日: 2022 年 12 月)。以前に conditionalAccessDomains.json ファイルを変更した場合、Jamf はファイルを編集して "msGraphResourceUrl": "https://graph.microsoft.com/" プロパティを GLOBAL (グローバル) 設定に、また"msGraphResourceUrl": "https://graph.microsoft.us/" を US_GOVERNMENT (US_政府) 設定に追加することをお勧めします。この廃止の詳細については、Microsoft が提供する以下のドキュメントを参照してください:

    Azure AD Graph アプリをMicrosoft Graphに移行する

  • User-Initiated Enrollment 設定の QuickAdd パッケージ機能に署名するUser-Initiated Enrollment 設定の Sign QuickAdd Package (QuickAdd パッケージを署名) チェックボックスは、Jamf Pro の次期リリースで削除される予定です。この機能は、QuickAdd パッケージを含む従来の登録ワークフローでのみ使用され、User-Initiated Enrollment ワークフローには影響しません。

前回のリリースで、以下の項目は廃止されました。

  • macOS 設定用 Jamf Self Service での Installation Location (インストール場所) フィールド

    Jamf Pro 10.37.0 のリリースから、macOS で Jamf Pro サーバをホストするサポートが打ち切られました。Apple シリコンの Mac コンピュータは、macOS 用 Jamf Pro インストーラではサポートされません。また、macOS 用の Jamf Pro インストーラはダウンロードできなくなります。macOS 用 Jamf Pro インストーラに含まれていた Jamf Pro ユーティリティ (Composer、Jamf Admin、Jamf Recon、Jamf Remote) は、別途ダウンロードして利用できます。

    Installation Location (インストール場所) フィールドは、Jamf Pro の今後のリリースで、Settings (設定) > Self Service (セルフサービス) > macOS から削除される予定です。セルフサービスのデフォルトのインストールは、/Applications フォルダに配置されます。Jamf は、この削除の前に、セルフサービスのフォルダを /Applications フォルダに移動することをお勧めします。
  • 基本認証セキュリティの向上のために、Jamf は Classic API の基本認証のサポートを今後の Jamf Proで停止します (推定削除日: 2022 年 8 ~ 12 月)。Jamf は後日追加情報を提供します。サポートが削除される前に基本認証を無効にするには、Settings (設定) > Jamf Pro User Accounts & Groups (Jamf Pro ユーザアカウントとグループ) > Password Policy (パスワードポリシー) へ移動して、Allow Basic authentication in addition to Bearer Token authentication (Bearer Token 認証に加えて基本認証を許可) チェックボックスの選択を解除します。
  • Jamf RemoteJamf は今後の Jamf Pro のリリースで Jamf Remote の配信を停止する予定です (推定削除日: 2022 年 5 ~ 7 月)。免責事項: Jamf Remote を使用した画面共有ワークフローは廃止されました。リモート管理には TeamViewer を使用することを推奨します。TeamViewer を Jamf Pro と統合する方法の手順については、Jamf Pro Documentation (Jamf Pro のドキュメント) の「TeamViewer Integration (TeamViewer の統合)」を参照してください。
  • Java 11 での TLS 1.0 および 1.1Java 11 で使用される TLS 1.0 および 1.1 通信プロトコルは、Jamf Pro の将来のリリースで無効になります。次の記事の手順を実行することにより、その時までに TLS 1.0 および 1.1 を無効にすることができます: Java 11 での TLS 1.0 および 1.1 の無効化
  • キャッシュ名の設定Cache name (キャッシュ名) の設定は、Apple が非推奨としたため、今後のリリースでコンピュータおよびモバイルデバイスの構成プロファイルのシングルサインオン (SSO) 拡張機能ペイロードから削除されます。
  • プラグインのコンピュータインベントリ収集機能プラグインのコンピュータインベントリ収集機能 (Settings (設定) > Computer Management (コンピュータ管理) > Inventory Collection (インベントリ収集) > Plugins (プラグイン)) は、Jamf Pro の今後のリリースで削除されます。
  • ユーザレベルでマネージド環境設定を有効にする設定ユーザレベルでマネージド環境設定を有効にする設定 (Settings (設定) > Computer Management (コンピュータ管理) > Check-in (チェックイン)) は、Jamf Pro の次期リリースで削除されます。
  • ログイン時に復元パーティションを非表示にする設定ログイン時に復元パーティションを非表示にする設定 (Settings (設定) > Computer Management (コンピュータ管理) > Check-in (チェックイン)) は、Jamf Pro の次期リリースで削除されます。
  • パスワードの有効期限と複製時間の設定Password expiration (パスワードの有効期限)Replication time (複製時間) の設定は、Apple が非推奨としたため、今後のリリースでコンピュータ構成プロファイルのシングルサインオン (SSO) 拡張機能ペイロードから削除されます。
  • blacklistedAppBundleIDs、whitelistedAppBundleIDs、Whitelist キーblacklistedAppBundleIDswhitelistedAppBundleIDs、および Whitelist キーは、Apple が非推奨としたため、今後のリリースでモバイルデバイス構成プロファイルから削除されます。
  • ディスプレイトーンのスキップとホームのスキップのボタン感度設定ディスプレイトーンのスキップとホームのスキップのボタン感度設定が、今後のリリースのモバイルデバイス構成プロファイルにおいて、セットアップアイテムのスキップペイロードから削除されます。
  • True Tone ディスプレイの設定ホームボタン感度と True Tone ディスプレイの設定が、今後のリリースのコンピュータとモバイルデバイスの PreStage Enrollment (事前登録) において、全般のペイロードから削除されます。
  • ホームボタン感度の設定ホームボタン感度の設定が、今後のリリースのモバイルデバイスの PreStage Enrollment (事前登録) において、全般のペイロードから削除されます。
  • Jamf Pro の内蔵認証局から Tomcat SSL/TLS 証明書を発行する機能JSS 内蔵認証局 (CA) から Tomcat SSL/TLS 証明書を発行する Jamf Pro 機能は、今後の Jamf Pro リリースで廃止されます。この変更のリリースバージョンは未定です。この変更の前に、Tomcat SSL/TLS 証明書を発行するためにこの機能を活用しているオンプレミスの全 Jamf Pro インスタンスを一般に信頼されているサードパーティの CA に切り替えることをお勧めします。この切り替えにより、Jamf Pro から登録済みデバイスへの MDM 通信損失を防ぎます。必要に応じて、社内認証局から Jamf Pro 用の Tomcat SSL/TLS サーバ証明書を発行します。JSS 内蔵 CA は、他のサーバにサーバ証明書を手動で発行する現行機能を維持します。
  • パッチ管理対象ソフトウェアタイトル一部の Jamf パッチ管理対象ソフトウェアタイトルが廃止され、アップデートされたタイトルと差し替えになっています。これらの各タイトルは、Jamf Pro で「レガシー定義」としてラベル付けされます。「レガシー定義」というマークのあるソフトウェアタイトルは、新しいバージョンが利用可能になる度にアップデートされ続けます。今回は何もアクションを起こす必要はありません。
  • 「DIGEST-MD5」認証タイプオプション「DIGEST-MD5」は Jamf Pro の今後のリリースにおいて認証タイプのオプションから削除される予定です。この認証タイプのオプションは、LDAP サーバを構成して Jamf インフラストラクチャマネージャをプロキシサーバとして使用する際に表示されます。
  • macOS 9.101.0 以前に対応する Self Service今後のリリースで、macOS 9.101.0 以前に対応する Self Service をインストールすることはできなくなります。
  • デバイス特定のアクセス制限設定

    Computer Access Only (コンピュータアクセスのみ) および Mobile Device Access Only (モバイルデバイスアクセスのみ) のアクセス制限設定は今後のリリースでなくなる予定です。これらの設定をした中のひとつの Jamf Pro web app インスタンスは、自動的に「Computer and Mobile Device Access (コンピュータおよびモバイルデバイスアクセス)」の設定にアップデートされます。管理者による Full Access (フルアクセス) または Computer and Mobile Device Access (コンピュータおよびモバイルデバイスアクセス) の権限割り当ては非推奨となった後に限られます。

  • モバイルデバイスの高度クライテリア「コンピュータに同期済み」モバイルデバイスの高度検索クライテリア「コンピュータに同期済み」は次回リリースで削除されます。
  • Windows Server 2012 R2 のサポートWindows Server 2012 R2 のサポートは、今後のリリースで廃止されます。
  • 個人所有デバイスのプロファイルユーザ登録と合わせて、Jamf では将来のリリースで Jamf Pro から個人所有デバイスのプロファイルを削除する予定です。
  • ComputerPolicyFinished および ComputerCheckIn の Webhook レスポンス

    今後の Jamf Pro リリースに追加情報を含めるため、ComputerPolicyFinished および ComputerCheckIn の Webhook レスポンスが修正されます。これらの変更は、イベントタイプを使用している統合を断絶する可能性があります。それぞれの変更の詳細、および新しいレスポンスボディに対して既存の統合をどのように適応させるかについては、Jamf Developer リソースの Webhooks を参照してください。

  • モバイルデバイス PreStage Enrollment (事前登録) でのデバイス監視および MDM プロファイルを必須にする設定事前登録で登録中にデバイスを監視し、MDM プロファイルをインストールするようにユーザに要求する機能が必要になり、Jamf Pro の将来のリリースでは内蔵機能になる予定です。その結果、これらの設定は Jamf Pro ユーザインターフェイスから削除されます。
  • Siri でのユーザ生成コンテンツ今後のリリースでは、User-generated content in Siri (Siri におけるユーザ生成のコンテンツ) がモバイルデバイス構成プロファイルの制限ペイロードから削除されます。
  • forceClassroomManagedClassroomScreenObservation キー

    forceClassroomManagedClassroomScreenObservation キーは将来のリリースでモバイルデバイス構成プロファイルの制限ペイロードから削除されます。これは forceClassroomUnpromptedScreenObservation キーに置き換えられます。

  • IfLostReturnTo Message キー

    grayscale キーは将来のリリースでコンピュータ構成プロファイルのアクセシビリティペイロードから削除されます。

  • Built-in SCEP と iPCU を使用した事前登録のための Jamf Pro URLApple の iPhone 構成ユーティリティ (iPCU) のサポートは以前のリリースで削除されました。HTTP URL を定義することで Jamf Pro Server との非 HTTPS 通信をサポートする機能も今後のリリースで Settings (設定) > Global Management (グローバル管理) > Jamf Pro URL から削除される予定です。
  • 非証明書ベースのクライアントと Jamf Pro サーバとの通信のサポート今後のリリースで Enable certificate-based authentication (証明書ベースの認証を有効にする) チェックボックスは Settings (設定) > Computer Management (コンピュータ管理) > Security (セキュリティ) から削除される予定です。

削除

項目の廃止/削除が行われたバージョン:削除/廃止された項目説明

10.37.0

macOS でホストされる Jamf Pro サーバ

macOS で Jamf Pro サーバのホスティングに関するサポートは廃止されています。別のプラットフォームに移行する手順については、記事 Migrating to Another Server (別のサーバへの移行) を参照してください。

10.36.0Jamf Imaging

Jamf Imaging の機能と移動エレメントが Jamf Pro から削除されています。

これには、パッケージの API エンドポイントからの boot_volume_required キーの削除も含まれています。ユーザは、キーを無視するために、エンドポイントを修正する必要があります。

10.34.0

接続タイムアウト

Connection Timeout (接続タイムアウト) は、Azure AD クラウドアイデンティティプロバイダの設定から削除されました。

10.33.0

ログアウトポリシーのトリガー

「ログアウト」ポリシートリガーは Jamf Pro から削除されました。この機能は削除されました。Apple がログアウトフック機能を廃止しているためです。

10.33.0

バックグラウンドアクションおよびユーザアクション用のログイン/ログアウトフック設定

Perform login hook actions in background (バックグラウンドでログインフックアクションを実行) チェックボックスおよび Display status of login/logout hook actions to users (ユーザへのログイン/ログアウトフックアクションのステータス表示) チェックボックスは Jamf Pro から削除されました。これらの機能は削除されました。Apple がログイン/ログアウトフック機能を廃止し、バックグラウンドでログインイベントアクションを実行することを推奨しているためです。ログインイベントアクションは、デフォルトでバックグラウンドで実行されるようになりました。